グルテン関連疾患で より親しみがあるのが
小麦アレルギーでしょう

小麦アレルギーについて説明する図

たとえば日常的にこんな症状があれば
あなたも小麦アレルギーかもしれません

チェックリストがあるので ちょっと見てみてください

<チェックリスト>

こんな症状を 日常生活で自覚していませんか?

*疲れやすく いつもだるい
*頭痛 肩こり 関節痛がある
*腹痛 下痢 便秘を繰り返す
*ついつい食べ過ぎてしまう
*食後に膨満感 胃もたれがある
*アトピー 花粉症 などのアレルギーがある
*肌荒れ 乾燥肌がある
*集中できない
*イライラする
*生理不順 重い生理痛がある

いくつかあてはまるようなら
小麦アレルギーの可能性があります


<小麦に対する遅発型アレルギーで起こる>

小麦アレルギーは
食べた小麦に対してアレルギー反応が起こり
眠い だるい 頭痛といった
さまざまな症状があらわれます

花粉症などの よく見られるアレルギーは
花粉などのアレルゲンに対する
IgE型の抗体ができて反応が起こり
症状がすぐにでる即時型アレルギーですが

小麦アレルギーでは
IgG型の抗体ができて ゆっくり反応が起こります

このように症状がでるのが遅い遅発型アレルギーなので
食物摂取後 数時間 数日後に症状がでることもあり
アレルギーと気づきにくいし
原因となる食物がわかりにくい

ですから 隠れアレルギーとも呼ばれています

遅発型アレルギーについて説明する図

こうしたIgG抗体価が高くなる食物は
毎日食べている好物が原因のことが多く
小麦はまさにその典型例です

ですから 連日食べないようにすることが必要で
量や頻度を考量する必要があります


<診断>

小麦アレルギーの診断は
原因と思われる食物を2週間ほど食べないと
症状が改善するかどうかで行われます

アレルギーを起こすIgG抗体の半減期が20日ほどなので
その期間 抗体に結合する原因物質を摂取しないと
症状が出なくなるわけです

下痢 便秘が治った
肌がきれいになった
集中力がでてきた
頭痛 肩こりが治った
アトピーが改善した
鼻炎 花粉症が改善した
疲れにくくなった
頭がスッキリした
といった成果が見られ

さらに そのあとに食べて症状が再出現すれば
診断はより確実になります

<対処法>

基本的に 原因となる食物を食べないことです

原因となる食物を食べないことを訴えるポスター

しかし 症状の経過により
たまにパンやパスタを食べても大丈夫になることがあり
体調と相談しながら
自分自身で節制の程度をアレンジしていくことができます


<腸内環境の改善も大切>

IgG抗体価が高値であることは
腸の粘膜が弱いことを示しているサインと考えられます

未消化の食物そのものの成分は
通常は消化管から血液内に侵入してきませんが
消化管の粘膜が弱いと
食物が侵入しやすいので血中に入りやすく
IgG抗体ができやすいのです

つまり 厳密にいうと
食物そのものだけが悪さをしているわけではないので
その食物の摂取を抜いただけでは完全に解決せず
腸内環境を改善させて
腸の粘膜を強くすることも大切になります

<食物アレルギーの診断とIgG抗体>

2015年 日本小児アレルギー学会 日本アレルギー学会は

IgG抗体検査を
食物アレルギーの原因食品の診断法としては推奨しない

と警鐘を鳴らしました

*IgG抗体は食物アレルギーのない健常人にも存在する
*抗体価は 単に食物摂取量に比例しているだけ
*負荷試験の結果と一致しない
*抗体価の結果により食物除去を指導すると
 多品目に及び健康被害を招く恐れがある
という理由からです

日本小児アレルギー学会 日本アレルギー学会から出された警鐘

あくまで 食物摂取時のアレルギー症状の程度が重要
ということです
高橋医院