東京都健康安全研究センターは 9/27に
「都内でインフルエンザの流行が開始した」
と発表しました

流行開始は
定点患者報告数が
1人を超えると宣言されますが

9/16~9/22の週で1.06人と
1人を超えました

昨年 流行開始が発表されたのは
12/3でしたから それより2か月以上も早く

2010年以降で最も早い流行期入りで
まさに異例の早さです!

赤で示されたグラフが 今年の状況で



拡大図をみると
いかに例年に比べて早いかよくわかります



都内で感染者が多いのは 黄色に示された地域で



多摩小平 4.05人
中央区 1.8人
文京区 渋谷区 1.57人
杉並区 1.53人
世田谷区 1.46人
中野区 1.4人
などが多く 中央区も含まれています

また全国では 東京に加え
九州 四国 北陸で流行が認められています



患者さんの年齢分布は
10歳未満が60%超となっています



予防にはワクチンが有効ですが
今年度のワクチンは
10月に入ってから接種が可能になります

当院でも
10月はじめにワクチン入荷の予定です


ワクチンの効果が出るのに 
約2週間かかります




今年は想定外の流行開始の早さですので
9月末現在では
ワクチン接種の準備態勢が整っていません

ですから
ワクチンを接種できるまでは 
予防が大切になります



なんといっても重要なのは 
外出後のこまめな手洗い
これに勝る予防策はありません



また 自分の咳に含まれているウイルスが
他の人への感染の原因になりますから

発熱などの症状があり 咳をしている人は
必ずマスクをして
感染を拡げないようにしてください




職場や家庭内で 
インフルエンザに罹った人がいて
その人と接触があってから1~3日以内に
発熱などの症状がある場合は
早目に医療機関を受診してください



予想外の流行開始の早さで 驚きましたが
慌てずに まずは予防に努め



医療機関でのワクチン接種の体制が
整い始めたら
ワクチンを接種するようにしてください


高橋医院