骨粗鬆症・サルコペニア

  • 骨と糖・脂質代謝の相互作用

    骨と 糖や脂質の代謝系 が 相互に影響を及ぼし合うなんて 全く世の中は 新しい時代に入ったものです! <骨の代謝に 糖や脂肪細胞が関与する> 骨の代謝には 感覚神経系 自律神経系をはじめ 他臓器からのさまざまな情報が影響 […]

    2019.02.28

  • 骨が産生するホルモン

    骨粗鬆症の解説をしてきましたが 最後に最近注目されている  骨に関する話題を紹介します 筋肉が マイオカインと呼ばれるホルモン様物質を産生して 全身の臓器に影響を及ぼしていることを 紹介しましたが なんと骨も ホルモン様 […]

    2019.02.27

  • ステロイド性骨粗鬆症

    強力な抗炎症作用を有し さまざまな病気の治療での有効性が示されている ステロイドですが さまざまな副作用もあります @ステロイド性骨粗鬆症 ステロイドを長期間飲み続けると 骨形成を促すホルモンの分泌減少などが起こり 骨が […]

    2019.02.26

  • 続発性骨粗鬆症

    何らかの病気の合併症として  あるいは 薬剤の副作用として 骨粗鬆症が発症する場合があり  続発性骨粗鬆症と呼ばれています 原発性骨粗鬆症と異なり  性差がなく 男性でもかかりやすいのが特徴です <原因の分類> @内分泌 […]

    2019.02.21

  • 骨粗鬆症の予防

    骨粗鬆症になるのを予防するには  日常生活で 何に気をつければよいのでしょう? <食事> 骨の健康にかかわる栄養素は多く バランスのよい食事を心がけることが 予防の基本です 骨の材料となるカルシウムは 欠かせません また […]

    2019.02.20

  • 骨粗鬆症の治療2

    治療薬の紹介を続けます <骨形成促進薬> @活性型ビタミンD3製剤 カルシウム摂取量が少ない日本では  重要な位置を占める薬物で 骨折抑制効果があります エルデカルシトール  (エディロール)  アルファカルシドール  […]

    2019.02.19

  • 骨粗鬆症の治療1

    骨粗鬆症の治療について説明します <全般的な指針> *初期の骨量減少なら  食事や運動などの生活習慣を改善することで  骨量が増えてきます *病気が進むと 薬物療法をはじめます *治療の目的は  骨折を予防し  この先長 […]

    2019.02.14

  • 骨粗鬆症のリスク

    骨粗鬆症に罹りやすい リスクについて説明します @一般的な注意 骨粗鬆症は  性別や年齢などの避けられないリスクだけでなく 日々の生活習慣の積み重ねも関係して 発症します ですから 今の自分にあてはまるリスクに注意しなが […]

    2019.02.13

  • 骨粗鬆症の症状と検査

    骨粗鬆症で見られる症状と 検査について解説します <骨粗鬆症の症状> 骨がもろくなっていても  痛みがないまま静かに進行することも多いため 初期段階では自覚症状はなく 骨折して初めて気付くケースも少なくありません 特に  […]

    2019.02.12

  • 骨質の変化

    骨粗鬆症で 骨がもろくなる理由の解説を続けます <骨質の決め手のコラーゲンが劣化する> @コラーゲンの役割り 骨質の変化は  骨のリモデリングの亢進とは 独立した機序で生じます 近年の研究で   コラーゲンの劣化や減少で […]

    2019.02.07

TAGタグ

ご相談はお気軽に

糖尿病・内分泌病、肝臓病・消化器病という2つの異なる分野の専門医が、患者さんにより良い医療を提供します

住所 〒104-0032
東京都中央区八丁堀3-26-8  高橋ビル1階

アクセス
八丁堀駅(東京メトロ日比谷線・JR京葉線)より徒歩1分
B3出口を出た交差点の右前
または B2出口を出て左に向って約100m

page top