骨粗鬆症・サルコペニア

  • どうして骨がもろくなるか?

    骨粗鬆症では  どうして骨がもろくなってしまうのでしょう? <大きな原因> *骨のサイズを決める先天的要因 *女性の閉経にともなう   女性ホルモンなどの分泌代謝の異常 *栄養 生活様式などの環境要因 が 大きな原因とな […]

    2019.02.06

  • 骨がもろくなる病気

    今日から骨粗鬆症の解説シリーズを始めます <骨粗鬆症とは?> @骨が弱くなり 骨折しやすくなる病気です 専門的に言うと *骨量の低さ   *骨組織の微細構造の異常  を特徴とし 骨がスカスカになるので 脆弱性が増大し 骨 […]

    2019.02.05

  • 運動の効果が得られる飲み薬

    運動により 骨格筋にPGC-1αという物質が増加すると 筋肉が賢くなって 肥満や糖尿病が改善することを説明してきました ということは PGC-1αを増加する薬があれば それを飲むと 運動しなくても運動したのと 同じ効果が […]

    2016.03.30

  • 運動で筋肉は賢くなる・PGC-1α

    運動により骨格筋内では *ミトコンドリアが増える *遅筋が多くなる といったリモデリングが起きますが そうした運動によるモデルチェンジに 深く関与している重要な分子が PGC-1α です <PGC-1αってなに?> この […]

    2016.03.29

  • 40代からの下半身強化

    骨格筋の量を維持することが 加齢にともなうサルコペニア発症の予防だけでなく サルコペニア肥満を防ぎ  基礎代謝量を高めることにより 糖尿病などの生活習慣病予防にも重要なことを 説明してきましたが では 骨格筋を減らさない […]

    2016.03.24

  • なぜ運動が大切か?

    骨格筋は これまで説明してきたように 単に運動するときに働くだけでなく マイオカインの分泌を介して  糖や脂肪の代謝に深く関わっていることが 明らかになってきましたが それにともない  生活習慣病における運動療法の重要性 […]

    2016.03.23

  • マイオカインは肥満や糖尿病の薬になる?

    骨格筋が分泌するマイオカインは さまざまな代謝調節作用を有しています 主な作用と  その作用を有するマイオカインを列挙します <糖代謝への関与> @骨格筋への糖の取り込みを増加させ   インスリン抵抗性を改善する  *I […]

    2016.03.22

  • 筋肉はホルモンを産生する?

    書き手がまだ医学生だった頃 心臓からANPというホルモン (尿を出やすくして体液量を調節する作用を持つ) が産生されていることが明らかになりました 心臓は 体に血液を循環させるポンプの働きをする臓器 という認識が強く ホ […]

    2016.03.17

  • 筋肉と糖尿病の深い関係

    骨格筋は ヒトの体で 最も盛んにエネルギー代謝を行っている器官です <筋肉の健康への関与> 骨格筋での基礎代謝の熱消費量は 全身のそれの約30~40%を占めると 言われています ですから 筋肉量が低下すると エネルギーが […]

    2016.03.16

  • 赤い筋肉 白い筋肉

    骨格筋の量や力が減って サルコペニアになると 高齢者の生活の質の低下を招いてしまい 中年の方でも 運動不足により筋肉量が減って脂肪が増えると サルコペニア肥満になり 生活習慣病になるリスクが高まることを ご紹介してきまし […]

    2016.03.15

TAGタグ

ご相談はお気軽に

糖尿病・内分泌病、肝臓病・消化器病という2つの異なる分野の専門医が、患者さんにより良い医療を提供します

住所 〒104-0032
東京都中央区八丁堀3-26-8  高橋ビル1階

アクセス
八丁堀駅(東京メトロ日比谷線・JR京葉線)より徒歩1分
B3出口を出た交差点の右前
または B2出口を出て左に向って約100m

page top