胃腸の病気

  • 胃食道逆流症の手術・内視鏡治療

    胃食道逆流症のシリーズの最終回です 生活習慣の改善を頑張っても PPI治療などの薬物治療を試みても どうしてもうまく効果が上がらない患者さん 再発を繰り返す患者さんには 手術療法という選択肢が残されています <腹腔鏡手術 […]

    2018.04.06

  • 初期治療 維持治療 オンデマンド治療

    胃食道逆流症の治療は *胸やけなどの自覚症状を改善させるための 初期治療 *引き続き 寛解状態を維持させるための 維持治療 の ふたつのフェーズがあります <初期治療> 前回 解説したPPIを  8週間連続して投与して […]

    2018.04.05

  • 胃酸分泌抑制薬

    今日は 胃食道逆流症の治療で使われる薬について解説します <酸分泌抑制薬> 胃食道逆流症は 食道への病的な酸逆流によって起こる病気です ですから 胃酸の分泌を抑制する薬が 治療の第一選択薬になります びらん性胃食道逆流症 […]

    2018.04.04

  • 胃食道逆流症の薬物治療

    胃食道逆流症の薬物治療の詳細について 説明していきます 今日は タイプ別の治療方針の解説です <びらん性胃食道逆流症の治療方針> 十分な酸分泌抑制が出来れば ほとんどの場合 治癒します @軽症の場合は *プロトンポンプ阻 […]

    2018.04.03

  • 胃食道逆流症の生活習慣改善

    胃食道逆流症の治療は まず生活習慣の改善を試みます 既に説明したように 生活習慣の変化により この病気や症状が現れてきますので その改善が 治療の第一歩になります <食習慣の改善> @酸の逆流を引き起こす食習慣を改善する […]

    2018.03.29

  • バレット食道

    胃食道逆流症の患者さんは 胸やけなどの自覚症状に悩まれて医療機関を受診され なんらかの治療を受けられることが多いですが 治療せずに放置したら どうなるのでしょう? 軽度の場合は 5~10年でほとんど変化がないか 自然軽快 […]

    2018.03.28

  • 慢性炎症から知覚過敏へ

    酸などの逆流刺激により 食道粘膜内で形成された慢性炎症により 胃食道逆流症の病態が形成されていること を説明しました 慢性炎症が生じる最初のきっかけは 酸刺激によって 粘膜細胞内の角化細胞で 炎症を惹起する作用を有するI […]

    2018.03.27

  • 食道粘膜の慢性炎症

    胃食道逆流症の病態で 最近 注目されているのが 食道粘膜の慢性炎症 と 知覚過敏 です 特に 内視鏡検査では食道にびらんが認められない 非びらん性胃食道逆流症で 自覚症状が起こる原因として 食道粘膜で生じている顕微鏡レベ […]

    2018.03.22

  • 胃酸の逆流が諸悪の根源

    どうして 胃食道逆流症が起こるのでしょう? 今日は その病態生理について解説します <胃酸の逆流の存在が 根源的な原因> 胃食道逆流症は 食道に胃酸が逆流することにより起こります 逆流してきた胃酸のために 食道扁平上皮層 […]

    2018.03.21

  • 胃食道逆流症の検査

    胃食道逆流症の診断には どのような検査が行われるのでしょう? <自己記入式アンケート> この病気でいちばん問題なのは 病的な胃酸の逆流によって起こってくる胸やけなどの自覚症状により 患者さんの日常生活の質・QOLが障害さ […]

    2018.03.20

TAGタグ

ご相談はお気軽に

糖尿病・内分泌病、肝臓病・消化器病という2つの異なる分野の専門医が、患者さんにより良い医療を提供します

住所 〒104-0032
東京都中央区八丁堀3-26-8  高橋ビル1階

アクセス
八丁堀駅(東京メトロ日比谷線・JR京葉線)より徒歩1分
B3出口を出た交差点の右前
または B2出口を出て左に向って約100m

page top