不眠症

  • 睡眠12箇条 その3

    健康づくりのための睡眠指針2014・睡眠12箇条 最終回です 9. 熟年世代は 朝晩メリハリ 昼間に適度な運動で良い睡眠 @高齢になると 若年期と比べて必要な睡眠時間が短くなる @寝床で長く過ごしすぎると 熟睡感が減る […]

    2017.12.07

  • 睡眠12箇条 その2

    健康づくりのための睡眠指針2014・睡眠12箇条 の続きです 5. 年齢や季節に応じて 昼間の眠気で困らない程度の睡眠を @個人差はあるものの 必要睡眠時間は6 時間以上8 時間未満 *必要な睡眠時間以上に長く睡眠をとっ […]

    2017.12.06

  • 睡眠12箇条 その1

    睡眠・覚醒のメカニズムや不眠症について解説してきましたが 最後に 2014年に厚労省が出した 健康づくりのための睡眠指針2014・睡眠12箇条 をご紹介します この指針が出された背景として *健康づくりの三大要素(栄養  […]

    2017.11.30

  • 新しいタイプの睡眠薬

    前回ご紹介した 既に長きに渡り使用されてきた ベンゾジアゼピン系 非ベンゾジアゼピン系の睡眠薬に加え 最近は新たな作用機序の睡眠薬が 臨床使用されるようになりました @メラトニン 2010年から使用されているのが メラト […]

    2017.11.29

  • 睡眠薬による治療

    生活習慣 不適切な睡眠習慣の改善では症状が改善しないときは 睡眠薬による薬物治療を行います 日中の活動に支障をきたす不眠が 週3回以上 3か月間以上続いている場合は 薬物治療の適応になります 現在 主に使われている睡眠薬 […]

    2017.11.28

  • 不眠症と鑑別すべき睡眠障害

    今まで解説してきたような不眠症とは 異なる機序により 睡眠障害を呈する病気があります こうした場合は 不眠症とは対処や治療の仕方が異なるので 注意・鑑別が必要です @睡眠時無呼吸症候群 *睡眠中の呼吸停止(1 時間あたり […]

    2017.11.23

  • 不眠症の生活指導 2

    前回に引き続き 厚労省の 睡眠障害対処・12の指針 を紹介します 6. 規則正しい食事と運動習慣 朝・昼・夕に 3食きちんと食べることは 体内時計の維持に役立ちます 逆に 朝食を抜いたり 夜遅くに食べると 体内時計が狂い […]

    2017.11.22

  • 不眠症の生活指導

    前回ご説明したように 不眠症の治療は 薬物治療の前に 不眠を慢性化させている生活習慣や睡眠習慣の改善を行うべきで 患者さんご本人にとって 眠りやすい時間帯に 年相応の睡眠を確保する ことを目標とします そうした背景のもと […]

    2017.11.21

  • なぜ不眠症になるか?

    不眠症になる要因として 次の3つが挙げられています @不安 ストレス @体内時計の乱れ @間違った睡眠習慣 これらの要因が絡み合って 不眠症になるわけですが 現代の不眠症で特に重要なのは 体内時計の乱れ と 間違った睡眠 […]

    2017.11.16

  • 寝られなければ不眠症?

    夜 眠れません! との訴えで来院される患者さんは少なくありません でも 眠れなければ不眠症か? というと そこは何気に微妙なところなのです <不眠症とは?> そもそも 不眠症とは どういう状態を指すのでしょう? アメリカ […]

    2017.11.15

TAGタグ

ご相談はお気軽に

糖尿病・内分泌病、肝臓病・消化器病という2つの異なる分野の専門医が、患者さんにより良い医療を提供します

住所 〒104-0032
東京都中央区八丁堀3-26-8  高橋ビル1階

アクセス
八丁堀駅(東京メトロ日比谷線・JR京葉線)より徒歩1分
B3出口を出た交差点の右前
または B2出口を出て左に向って約100m

page top