バレエ・演劇・映画

  • 「演じる」と「生きる」の違い

    アラン・ドロンの話を続けます インタビューは 彼のパリの定宿である ホテル・ムーリスの スイートルームで行われました タキシードを着崩し ノーネクタイで 長い水色のマフラーを粋に纏い 現れたアラン 80歳を越えただけあっ […]

    2019.05.10

  • 太陽がいっぱい

    懐かしい 書き手はこの映画を 中学生の頃に見て かなり夢中になりました それ以降  何回見ていることでしょう(笑) この映画で俳優としてデビューした アラン・ドロンが 昨年 60年間の俳優生活に別れを告げ  81歳で引退 […]

    2019.05.06

  • メアリー・スチュアート

    オタクな映画を上映する映画館は たいてい狭いので いつも意外に混んでいるのですよ(笑) はい その日もほぼ満席状態でした 3月の春分の日に観に行ったのは 「ふたりの女王 メアリーとエリザベス」 原題は Mary Quee […]

    2019.04.26

  • 舞台のあとのお楽しみ

    お芝居の興奮を引きずりながら 帰りの地下鉄のなかで 舞台のあとの  もうひとつのお楽しみが始まります それはプログラムで  演出家さんや役者さんの声を聞くこと プログラムを読みながら 舞台のシーンを思いだして 演出家や役 […]

    2019.02.18

  • ロシアのハシゴ2 罪と罰

    カフェでウオッカの入った ホット・モスコミュールで暖まってから エスカレーターで1階に上がると シアターコクーンの前には  既に長い行列が出来ていました ロシアのハシゴ 第2弾は 左側のポスターのこちら 罪と罰 のお芝居 […]

    2019.02.15

  • 知性か痴性か

    今年初めての  冬のイルミネーションハンティング 4月にオープンしたので クリスマスイルミネーションは初お目見えの  日比谷ミッドタウン うーん  感動するほどではありませんが  そこそこ綺麗でした 最近マイブームの(笑 […]

    2018.12.24

  • また泣いたの?

    おやおや  タクシーが新聞スタンドに 飛び込んでしまいましたね 大丈夫でしょうか? でも  どうしてこんな事故が 起きてしまったのでしょう? それは タクシーの運転手さんが 後ろの席に座っていたこの方たちが しゃべるのを […]

    2018.09.24

  • 原石探し

    世界の名だたるバレエ学校の 現役生徒たちの競演 そんな面白い企画を楽しんできました 企画されたのは あの 熊川哲也さん 不勉強な書き手は 熊川さんの踊りや監督された舞台を 拝見したことはないのですが この企画には興味を持 […]

    2018.03.23

  • マノン・レスコーと椿姫

    ジョン・ノイマイアーさんの  バレエ・椿姫 もうひとつ 驚いたのは 劇中劇というか  劇中にバレエを組込んでくるのです それも マノン・レスコー 男を破滅させる妖女・ファム・ファタールの ハシリとされる美少女マノンと  […]

    2018.02.16

  • ショパンと椿姫

    彼は どうやって 料理するのかな? 書き手は会場に行く道すがら  ちょっと楽しみにしていました 昨年末に  ソフィア・コッポラ演出のローマ歌劇場オペラで楽しんだ  椿姫 今度は バレエで同じ演目を楽しみます バレエは  […]

    2018.02.12

TAGタグ

ご相談はお気軽に

糖尿病・内分泌病、肝臓病・消化器病という2つの異なる分野の専門医が、患者さんにより良い医療を提供します

住所 〒104-0032
東京都中央区八丁堀3-26-8  高橋ビル1階

アクセス
八丁堀駅(東京メトロ日比谷線・JR京葉線)より徒歩1分
B3出口を出た交差点の右前
または B2出口を出て左に向って約100m

page top