脂質異常症

  • 脂質異常症の薬物治療の目標値

    薬物治療により 血中脂質値をどこまで下げるべきか? 血中脂質をコントロールする目的は 動脈硬化の発症・進展を防ぐことですから 治療目標値は *動脈硬化により生じる疾患の有無 *動脈硬化を誘導する疾患の有無 により異なりま […]

    2017.02.17

  • 脂質異常症の薬物治療

    食事療法 運動療法でうまく改善されないときは 薬物治療を開始します 脂質異常症の治療に主に用いられる薬剤は *スタチン (HMG-CoA還元酵素阻害薬) *エゼチミブ (小腸コレステロールトランスポーター阻害薬) *フィ […]

    2017.02.16

  • 脂質異常症の運動療法

    食事療法と並行して運動療法を行うと より効果的です 以前に解説しましたが 運動には *体に溜まった脂肪分を減らす有酸素運動 *筋肉量を増やして基礎代謝を上げ 太りにくい体質にする無酸素運動 の2種類がありますが 脂質異常 […]

    2017.02.15

  • 脂質異常症の食事療法

    脂質異常症の治療は 食事療法 運動療法 薬剤療法 がありますが 今日は食事療法について説明します 大原則は 料理をするときに コレステロールが高い 卵(鶏卵魚卵など) 乳製品 肉といった動物性の食材を 植物性の食材に置き […]

    2017.02.14

  • 食後高脂血症の診断と治療

    食後に中性脂肪値の高値が持続する状態の怖さについて解説してきましたが 食後高TG血症の診断は どのように行えばよいのでしょう? 食後高血糖の診断には 経口ブドウ糖負荷試験が行われます 75gのブドウ糖が入った飲み物を 一 […]

    2017.02.09

  • 糖尿病と食後高脂血症の悪しき関係

    糖尿病があると 食後高中性脂肪血症が起こりやすくなるので厄介です 食事から得られた中性脂肪(TG)は カイロミクロン カイロミクロンレムナントに多く含まれますが この両者は 通常 リポタンパクリパーゼ(LPL)により代謝 […]

    2017.02.08

  • 食後高脂血症

    食事の影響を大きく受ける食後中性脂肪値を測定することは どのような意義があるのでしょう? さまざまな検討により 空腹時TG値が正常でも 食後TG値が異常高値を示す状態がある ことが 明らかにされてきました 通常なら食後数 […]

    2017.02.07

  • 中性脂肪にも注目を!

    健康診断の結果表の脂質の欄には コレステロールと中性脂肪が並んでいます コレステロールは 善玉とか悪玉とか 肉や揚げ物が良くないとか 動脈硬化を悪くするとか さまざまな情報がよく知られていますが 中性脂肪(トリグリセライ […]

    2017.02.02

  • 脂質異常症で動脈硬化になる理由

    血中LDL-C値が高いと動脈硬化が進むことを説明しましたが そもそも どうして動脈硬化になるのでしょう? <血管壁が肥厚するメカニズム> 血液が流れる血管は 内側から外側に向けて *血管内皮細胞 *内膜 *中膜 *外膜 […]

    2017.02.01

  • 脂質異常症の原因と診断

    どうして脂質異常症になってしまうのでしょう? いちばんの原因は 生活習慣の乱れです *高カロリーな食事 *アルコールのとり過ぎ 喫煙 *不規則な食生活 *運動不足 などにより 脂質異常症になります こういった生活習慣の乱 […]

    2017.01.31

TAGタグ

ご相談はお気軽に

糖尿病・内分泌病、肝臓病・消化器病という2つの異なる分野の専門医が、患者さんにより良い医療を提供します

住所 〒104-0032
東京都中央区八丁堀3-26-8  高橋ビル1階

アクセス
八丁堀駅(東京メトロ日比谷線・JR京葉線)より徒歩1分
B3出口を出た交差点の右前
または B2出口を出て左に向って約100m

page top