骨粗鬆症に罹りやすい
リスクについて説明します


@一般的な注意

骨粗鬆症は 
性別や年齢などの避けられないリスクだけでなく
日々の生活習慣の積み重ねも関係して
発症します

ですから
今の自分にあてはまるリスクに注意しながら
積極的に生活改善に取り組み
定期的に検診も受けることが大切です


@骨折の危険因子

  • 高齢
  • 女性
  • 身長・体重(BMIが低い)
  • 低骨密度
  • 既存骨折が有る
  • 両親のいずれかが大腿骨近位部骨折を経験している
  • 喫煙
  • 飲酒
  • ステロイド薬を使用している
  • 関節リウマチ
  • 運動不足 生活習慣病

これらのうち

*過度の飲酒(1日2単位以上)

*現在の喫煙 

*大腿骨近位部骨折の家族歴

3大リスクと言われています



@女性の閉経

女性ホルモンのエストロゲン
骨にカルシウムを蓄える骨形成を促すとともに
骨からカルシウムが溶け出す骨吸収を
抑える働きがあります


エストロゲンは
直接的に破骨細胞による骨吸収を抑制し
RANKLの発現を抑制し
破骨細胞の分化も抑制します



エストロゲンは
閉経によって分泌量が急激に減少するため
閉経後は骨粗鬆症になる危険性が高まりますから
要注意です



なお 男性も
80歳をすぎると患者が増加します


@生活習慣病

糖尿病などの生活習慣病の影響で
骨質が悪くなった場合は
たとえ骨量に余裕があっても
骨粗鬆症につながります



@加齢

男性も女性も
骨は成長期に活発な代謝を繰り返して増加し
20歳前後で最大骨量に達します

40代半ばくらいまでは
一定の骨量を維持できますが
その後は加齢とともに徐々に減りはじめます



加齢による骨量の減少は 
そのスピードを遅らせることは可能ですが
完全に食い止めることはできません


@遺伝

骨の強さは
遺伝的要素も影響するといわれており

近親者に骨粗鬆症
特に母親が大腿骨近位部骨折を経験した場合には
注意が必要です

ただ 家族間などで似ている生活習慣の影響を
遺伝と混同してしまうことがありますから
自分や家族の生活習慣も見直すことも大切です


@骨折経験

大腿骨近位部骨折がある60歳代の女性が
5年以内に再度骨折をする危険性は
骨折をしたことのない女性に比べ
16.9倍も高くなります

また 椎体の骨折を一度おこすと
1年以内に5人に1人が
再び骨折をおこすといわれていて

新規椎体骨折のリスクは約4倍 
大腿骨近位部骨折リスクは3~5倍に
それぞれ上昇します




この骨折経験は 
骨密度とは独立した危険因子です


@体型・骨密度

体重・BMI カルシウム摂取は 
骨密度と密接に関連します

もともと小柄な人は 骨が小さいため
カルシウムの蓄積量も少ない傾向があります

さらにやせていて筋肉の少ない人は 
骨を支える力が弱いため
骨が弱くなってしまいます

一般に 男性に比べて女性は
骨が細く筋肉も少ないことから
相対的にリスクが高い


思春期の女子はやせ願望を抱きやすくなりますが
無理な食事制限による極端なダイエットは
骨粗鬆症予防のためにも禁物です

骨量は 
小学校高学年から20歳頃までの成長期に
一気に増えます

この「骨の貯金」をする大切な時期に
極端なダイエットをすると
カルシウムやビタミンDといった
骨をつくるための栄養素が不足します

また 骨芽細胞を活性化させる
女性ホルモンも減少するなど
骨の形成に大きな悪影響を及ぼし 
将来 骨粗鬆症になるリスクを高めることになるのです



@喫煙

胃腸でのカルシウムの吸収を阻害し
エストロゲンの分泌も抑えるため
骨量不足を招きます

大腿骨近位部骨折のリスクを 
1.84倍高めます


@過度な飲酒

適度な飲酒は問題ありませんが
アルコールを過剰に摂取(1日2単位以上)すると
胃腸でカルシウムが吸収されにくくなります

さらに アルコールの利尿作用により
尿と一緒にカルシウムが
体外に排泄されてしまいます


1日3ドリンク以上の飲酒は 
大腿骨近位部骨折のリスクを1.68倍高め
リスクは アルコール摂取量に依存して上昇します


@その他の生活習慣

*偏った食生活

インスタント食品やジャンクフードといった
食塩やリンを多く含むものを過剰に食べていると
カルシウムなどの栄養素が不足するだけでなく 
吸収されにくくなってしまいます


*運動不足

運動不足の人は 
骨を鍛えるための負荷(圧力)をかける機会が少ないため
骨の強度が低くなります

さらに 筋力やバランス力も衰えてしまうので 
転倒・骨折の危険も高まります


@FRAX(fracture risk assessment tool;フラックス)

WHO(世界保健機関)が開発した 
自分自身で骨折発生のリスクを判定できる
評価法です

対象は40歳~90歳の人で
インターネットで公開されており



年齢 性別 体重 身長
骨折歴 
喫煙の有無 アルコール摂取など
12の質問に答えると
今後10年間の骨折発生の危険率が
自動的に算出されます

この危険率が15%以上の場合は
治療を開始した方が良いとされます
高橋医院