骨と 糖や脂質の代謝系 が
相互に影響を及ぼし合うなんて

全く世の中は
新しい時代に入ったものです!





<骨の代謝に 糖や脂肪細胞が関与する>

骨の代謝には
感覚神経系 自律神経系をはじめ
他臓器からのさまざまな情報が影響します

なかでも興味深いのは

インスリンや
脂肪細胞が産生するレプチン アディポネクチンなどの
糖や脂質の代謝に関与する物質が
骨の代謝に影響を及ぼしていることです


@インスリン

インスリンは
骨芽細胞でのOPG(オステオプロテグリン)産生を
抑制します


OPGは RANKLを抑制するので
OPGの抑制によりRANKLがよく働いて 
破骨細胞の骨吸収を促進します


@レプチン

交感神経の活性化により
骨形成を抑制 骨吸収を促進し 
骨量を減少させます



また 骨芽細胞のオステオカルシン産生を阻害します




オステオカルシンは後述するように
糖や脂質の代謝を改善する働きがありますから
レプチンによるオステオカルシン抑制に
どのような生理的意義があるのか 興味深いです


@アディポネクチン

骨芽細胞における
RANKL発現促進 OPG発現の抑制を介して
破骨細胞活性を促進するとの報告があり



実際にヒトでは
血中アディポネクチンと骨密度との間には
有意な負の相関 

骨代謝マーカーとは有意な正相関

があります


また
アディポネクチンと既存椎体骨骨折との間にも
正の相関があり

アディポネクチン高値は
骨密度低下 骨代謝回転亢進を引き起こし
椎体骨折の原因となりうる
推測されています


<糖代謝 脂質代謝に骨ホルモンが影響する>

骨が産生するオステオカルシン RANKL糖・脂質代謝に関与
そこにはインスリンも絡んでいます

@インスリン

インスリンは骨芽細胞に作用して
オステオカルシンの活性化 産生を促進します

そして オステオカルシンは
膵臓のβ細胞のインスリン産生を活性化します




骨芽細胞へのインスリン作用が低下すると
この活性化が起こらないので
耐糖能低下が生じます


また 高脂肪食により 
骨組織でのインスリン抵抗性が生じると
糖尿病が悪化すると報告されています


こうした
オステオカルシンを介したインスリンの産生増強
血糖上昇にともなう短期的な血糖調節とは異なる
長期的な時間をかけた血糖調節機構としての存在意義
があるのでは?
との考察もあるようです


@オステオカルシン

上述したように オステオカルシンは
膵臓でのβ細胞の増殖に関わり
インスリン合成 分泌を活性化増加させます

また 小腸でのGLP-1分泌を増加させます

こうした働きにより
血糖値や肝臓 筋肉でのインスリン抵抗性は
改善します



オステオカルシンは 脂肪代謝にも関与します

脂肪からのアディポネクチン産生を増やし



褐色脂肪細胞での
PGC1 UCP1の遺伝子発現量を増やし
内臓脂肪蓄積を抑制する可能性があります




このようにオステオカルシンは
糖尿病や脂肪蓄積を改善しますが

糖尿病による高血糖の状態では
骨芽細胞の分化障害 機能低下が誘導されるため
オステオカルシンの作用を抑制して
糖尿病をさらに悪化させるという
ネガティブループが形成される可能性もあります

このあたりはとても興味深いので
今後の研究の進歩に期待したいものです

オステオカルシンの産生を増強させて
糖尿病や脂質異常症を改善させる
新たな治療法が開発されるかもしれません


@RANKL

インスリン抵抗性や膵β細胞の機能不全の原因である
転写因子NF-κBを介して誘導される炎症性シグナル
RANKLシグナルが関与することが
最近明らかになりました



血中可溶性RANKL濃度高値が
2型糖尿病発症の有意で独立したリスク予測因子
であることも報告されています

このように RANKLは
糖尿病の発症・進展に関わっている可能性があります



また 骨が産生するホルモン様物質は
全身の脂肪の適切な保持に関与していて

脳と肝臓と協調して
皮下脂肪 内臓脂肪 肝臓脂肪の間の
脂肪の行き来のバランスをとっている
と推察されています

面白いですね!


こうしたことから

*骨の形成に糖尿病や脂質異常症が絡み

*糖尿病や脂質異常症の増悪や改善に
 骨が産生するホルモンが絡む

といった相互作用があることが明らかとなっています

これからは
生活習慣病の管理における運動の大切さも
骨が産生するホルモンや
筋肉が産生するマイオカイン
のレベルで語られていくことになるのでしょう

ホント 世の中の景色は変わったものです!

この方面の今後の研究の進展に目が離せません!(笑)

高橋医院