何らかの病気の合併症として 
あるいは 薬剤の副作用として
骨粗鬆症が発症する場合があり 

続発性骨粗鬆症と呼ばれています

原発性骨粗鬆症と異なり 
性差がなく
男性でもかかりやすいのが特徴です



<原因の分類>

@内分泌疾患

*副甲状腺機能亢進症

*クッシング症候群

*甲状腺機能亢進

@生活習慣病

*糖尿病

*慢性腎疾患(CKD)

@その他の疾患

*慢性閉塞性肺疾患(COPD)

*関節リウマチ

@薬物

*ステロイド薬

*ワーファリン


<糖尿病>

もともと骨量が比較的多い人でも 
糖尿病になると
骨の新陳代謝のバランスが崩れ 

さらにコラーゲンの劣化により骨質も悪くなって
骨粗鬆症による骨折を招きやすいことが
わかってきました



大腿骨近位部骨折リスクは
1.4~1.7倍上昇するとされ

日本の検討では 
椎体骨折は
男性で4.7倍 女性で1.9倍上昇しています




原因としては 
骨質の劣化に起因している割合が大きく

*酸化ストレス

*AGEsの一種のペントジン架橋が増え 劣化させる

*インスリンシグナルが 骨芽細胞の分化を抑制し 
 骨形成を低下させる

*皮質骨の多孔性が増加している

といった機序も考えられます


糖尿病では

骨形成マーカーのオステオカルシンが
低下していますが

血糖コントロールが改善すると 
オステオカルシンは上昇します


骨粗鬆症のリスクは 
糖尿病のコントロールが悪いと上昇し

*A1Cが7.5%以上

*罹病期間が長い

*インスリン治療を必要とする

などの状態だと リスクが高まります


治療はまず体重減少で
内臓脂肪が減少すると
骨質劣化が改善される可能性があります


骨粗鬆症治療薬の 
ビスホスホネート テリパラチドの
有効性が期待されています


糖尿病治療薬そのものの影響もあり
チアゾリジン薬は PPARγを活性化して
脂肪分化を促し骨形成を抑制します


<脂質異常症>

悪玉コレステロールのLDLは

*骨密度と負の相関がある

*骨折危険因子である

との報告があります

酸化LDLが 
骨芽細胞の分化を抑制し 
PTHの骨形成作用を阻害するとされ

Wnt系が
LDLと骨粗鬆症を結び付ける可能性が
指摘されています


また 脂質異常症治療薬のスタチンが
骨折リスクを低減させると言われています 



<高血圧>

高血圧の原因となる
交感神経系 
レニン・アンギオテンシン系の亢進は

骨形成抑制 骨吸収促進により 
骨代謝に負の影響を及ぼします

女性では 
高血圧と大腿骨近位部の骨密度低下の関連あり
骨折の危険因子ともなっています


降圧剤そのものの影響もみられ

*ループ利尿薬は 骨量減少

*サイザイド利尿薬は
 骨量増加 骨折リスク低下

*β遮断薬 ACE阻害薬 ARBは
 骨折リスク低下

といった作用を有しています



<慢性腎臓病 CKD>

CKDは 腎臓の機能が低下し続ける病気で

食事や喫煙などの生活習慣 
肥満 糖尿病など他の生活習慣病
とも密接な関わりがあります

CKDは骨質の劣化を招くため 
骨密度が比較的高くても骨がもろくなり
骨折のリスクが上昇することがわかってきました

大腿骨近位部骨折リスクは
5.2%上昇するとされています



*続発性副甲状腺機能亢進

*無形性骨症

*ビタミンD欠乏

*低カルシウム 高リン血症

などが 関与します



CKDと骨粗鬆症は 
互いの病態に悪影響を及ぼし合います

骨粗鬆症で見られる 骨からのリン放出が
副甲状腺機能亢進を引き起こしますし

リンは血管を傷害するので
腎機能低下を誘導します


一方 CKDで見られる 
カルシウム・リンの代謝異常が 
骨粗鬆症を増悪させます



<慢性閉塞性肺疾患 COPD>

骨密度の低下 骨折リスクの上昇を認め
男性でも骨折リスクが高まっています

COPDの重症度が高いほど 
骨粗鬆症のリスクが高いと言われています


機序としては

*TNF IL-6などの炎症性サイトカインによる
 RANKL発現亢進を介した骨吸収促進

*ホモシステイン増加による骨質の劣化

などが想定されています


また 椎体骨折による脊柱変形が
呼吸機能低下に悪影響を及ぼし
悪循環を形成しています


<副甲状腺機能亢進症>

副甲状腺ホルモンが過剰に分泌されることで
カルシウムを蓄えて骨をつくる働きより
骨からカルシウムが溶け出す働きの方が
活発になってしまい

その結果 
骨密度が低下して 骨粗鬆症になります



<関節リウマチ>

関節リウマチそのものと 
治療に使われることがあるステロイドの影響により
骨粗鬆症および骨折のリスクが高まります

有病率は約2倍で 骨折リスクも有意に高く
ステロイド未使用でも充分に高いので
注意が必要です


危険因子としては

*女性 高齢

*1日のステロイド使用量が多い

ことが挙げられています

ビタミンDの不足 欠乏が多いので
サプリの服用や日光浴が推奨されています

治療は リウマチ自体のコントロールが重要で
できるだけ使用するステロイドの量を減らし

骨吸収抑制薬の ビスホスホネート デノスマブ
活性型ビタミンD製剤などの
骨粗鬆症治療薬も用いられます

高橋医院