塩分過剰ともいえる現代の食生活ですが
塩分を取りすぎると
具体的に何がマズイのでしょう?

それを知るためには
「血圧と塩分(ナトリウム:Na)の関係」
について理解する必要があります


<体内に塩分を保持する仕組み>

ヒトの体には
細胞を取り囲む液体(細胞外液)の塩分濃度を
一定に保つ仕組みがあります

@腎臓での再吸収

この仕組みに最も深く関係している臓器が
腎臓です

ナトリウム濃度が濃くなれば
腎臓の糸球体でろ過・排出されますし
薄くなれば腎臓の尿細管で再吸収されます

1171

この尿細管におけるナトリウムの再吸収システムこそが

塩分摂取量が少なかった太古の昔に
体内に塩分を貯めこむためにヒトが身に付けた仕組みで

一端排出したナトリウムをあとで
再吸収して保持する巧妙なシステムです

1172

@レニン・アンギオテンシン系の関与

レニン・アンギオテンシンから連なる
アルドステロンというホルモンが
このシステムに関与しています
(このホルモン系については稿を改めて説明します)


@浸透圧の維持

また 浸透圧平衡という生理的な仕組みも
細胞外液のナトリウム濃度維持に関わっています

浸透圧平衡とは
膜で隔てられた分画の
一方の水分に溶けている成分(溶質)の濃度が上がると

それを薄めるために
溶質濃度の低いもう一方の分画から
水分が移動する現象です

1173

過剰に塩分を摂取して
細胞外液のナトリウム濃度が濃くなると
浸透圧が上がります

細胞外液の浸透圧が高くなると
それを薄めるために
細胞内の水分が細胞外液に吸い取られる現象が
起き得ます

実際にそんなことが起きたら
細胞はダメージを受けて
意識障害が生じたりして大変です
(下図左の平たくつぶれた細胞のイメージです)

1175

そこで 細胞内から水分を移動させずに
細胞外液の浸透圧を下げようとする
生理的機構が働きます

尿を出すのをやめなさい 
水をたくさん飲みなさい
という指令が 脳から発せられるのです

細胞外液の高い浸透圧を感知した脳は
バソプレシンというホルモンを分泌します

バソプレシンの働きにより
腎臓の遠位尿細管で水分が再吸収されるので
尿の量が減り水分が保持されます

また浸透圧上昇により
喉の渇きを感知した脳の刺激で
たくさん水を飲むようになります

その結果
細胞外液の量が増えて
血管内の水分量も増えるので
血圧が上がります


1175

@交感神経系の関与

ナトリウムには
自律神経の交感神経を緊張させる作用もあります

交感神経が緊張すると
血管の平滑筋が収縮するので
さらに血圧が上がってしまいます




1176


<塩分をとりすぎると血圧が上がる>

こうしたもろもろの原因により
塩分をとりすぎると血圧が上がるのです

塩分の過剰摂取が高血圧を引き起こすことを
裏付ける証拠として

*食物に自然に含まれる以外の塩分を摂取しない
 インディアンでは 高血圧がほとんど見られない

*食塩摂取量が多い民族や集団ほど
 高血圧の有病率が高い

*加齢による血圧上昇は
 食塩の過剰摂取の累積効果である

といったことが
大規模な疫学調査で明らかにされています

1177


塩分の過剰摂取により血圧が上昇する仕組み
なんとなくイメージしていただけたでしょうか?

もう少し続けますから頑張ってください(笑)


<塩分の臓器毒性>

塩分には
血圧を上げる以外にも臓器を傷害する働きがあります

これを「血圧非依存性の臓器毒性」と称します

つまり
塩分を摂りすぎると たとえ血圧が上がらなくても
脳出血 脳梗塞 心筋梗塞 狭心症 心臓肥大 腎障害
といった病気になりやすいことが
多くの疫学調査により明らかにされています

また 胃癌 骨粗鬆症 気管支喘息といった
心臓や腎臓以外の病気も悪くします

塩分は
血圧上昇を介さない
臓器に対する直接的な有害作用を有しており

まさに過剰な塩分は体にとって毒なのです

ナトリウムが有する
*動脈硬化促進作用
*交感神経非依存性の血管収縮作用
その原因として想定されており

それら以外にも
*酸化ストレスの亢進
*インスリン抵抗性の亢進
*交感神経の活性化
などが関与すると考えられています

1178

かなり込み入った話になったので
ウンザリされてしまったかもしれませんが

過剰な塩分摂取が血圧を上昇させ
心臓や腎臓を傷めつける

というイメージを持っていただければ幸いです

前回もコメントしましたが

塩分は生きるために必要で
かっては貨幣と同じくらい価値があったので
ヒトは進化の過程で再吸収というシステムまで作って
体内に保持しようとしました

しかし
塩が豊富に手に入る今の世の中では
その過剰摂取による高血圧などの塩毒性が
健康上の問題になってきています

なんとも皮肉なことですが

より大きな問題は
多くの人々がこうした問題点を実感できず 
塩分中毒ともいえる日々の食生活を
何の疑問もなく続けていることでしょう

確かに血圧はかなり高くならないと
自覚症状が出ませんが
だからこそマズいのです

日々の食生活で
どれだけ塩分を摂りすぎているか
それがどれだけ危険なことか

これを機会に
ちょっと考えてみていただけたらと思います
高橋医院