オディロン・ルドン は 書き手のお気に入りの画家です

最初に見た彼の作品は
妖しい目玉が宙を浮遊する モノトーンの 何とも言えない世界

ord02

とても強烈な印象でした(笑)

ちなみに この 目玉

ゲゲゲの鬼太郎の水木しげるさんも 見てビックリされたようで
この絵から 鬼太郎のお父さんの目玉オヤジ  のイメージが
インスパイアされたそうです(笑)

ord03

それから 別の機会に
パステル調の色彩鮮やかな花の作品を見て
とても気に入ったのですが

ord04

最初は 同じルドンが描いた作品とは気づかず
あのモノクロの妖しい世界とうって変わった画風の変化に
驚いたものでした

そんなルドンの企画展が 三菱一号館美術館で開催されていたので
GWの一日 彼の世界を楽しみに行きました

ord01

この企画展 タイトルはなんと 秘密の花園

うーん なんだか アヤシイ感じが示すね?(笑)

ルドンの世界に魅かれる人は少なくないようで
NHKの日曜美術館では 見えないものを見る というタイトルで
この企画展を紹介する番組を放映していました

ord05

このタイトル まさに 言い得て妙です!(笑)

祝日のお昼過ぎに行ったので それなりの混雑でしたが
見に来ている人の年齢層は 比較的若かったです

三菱一号館は 多くの展示室が比較的狭いので
プライベートな雰囲気もあって良いのですが
混んでいると圧迫感を感じてしまうのが たまにキズです(苦笑)

さて ルドンは 19世紀末のフランスの画家

ord06

その画風から 幻想の画家 と呼ばれ
前述したように 見えないものを見る という飽くなきスタンスで
生涯を貫き通しました

また 自由な解釈を好む画家で
自分でも 自由な思いつきでドンドン描いていきますが
鑑賞者にも 自由に作品を解釈してもらうことを望んでいたそうです

自分の作品は 音楽のようなものだ
見る人が 思うがままに 想像を膨らませてくれたら良い
と 語っていたとか

自由で 懐の深い方だったのですね

19世紀末のフランス画壇といえば 印象派の全盛期で
ルドンは あのモネと 同い年だったそうです

ord07a


印象派の画家達が描く 光あふれる作品は 世の人々を魅了しましたが

ord07

ルドンは 敢えて
印象派のとりこぼしたもの 光では描き切れなかったもの を描き

時代の潮流に安易に組みせず
自分のオリジナリティを表現しようとし続けました

こうしたところが 書き手が ルドンを贔屓にする大きな理由のひとつです

天邪鬼の書き手は どうも印象派が苦手で
あまりに多くの方々が 印象派の作品を賛美されると

でも 彼等は光と自然しか描いていないよね
彼等の作品からは 精神的なものは あまり感じないよね

などと 若い頃から 皮肉なことをうそぶいていました(苦笑)

だから 書き手の御贔屓は
印象派の対極をなすともいえる 象徴主義

ord08

ベルギーのクノップフとか 大好きです

ord09

ちなみに ルドンは そうした自覚はなかったでしょうが
象徴主義の先駆けとも言える存在で

実際 象徴派の画家達は
見えないものを見る というルドンのスタンスを
手本としていたそうです

そんなルドンは 1840年にボルドーで生まれましたが
生後2日で 親戚の老人に里子に出され
11歳まで 荒涼とした田舎町のペイル・ルバードで育ちます

病弱 内気で あまり学校にも行かず
ひとりで 空想の世界に浸っていることが多かったそうですが
小さい頃から 絵を描くのが好きだったとのこと

ord10

こんな風に 故郷の風景を 生涯にわたり何度も
描いています

うーん こういうのを 栴檀は双葉より芳し と言うのでしょうか?(笑)

内気で夢想家の少年が
どんな経緯で 幻想の画家に育ったのでしょう?

企画展ならではのお楽しみで
これから 彼の生涯の流れにそって その作品を楽しむことにしましょう

 

高橋医院