沖縄から始まった はしか の流行がマスコミで報道されて以来
ワクチンの問い合わせがとても多い状況が続いています

その影響か はしかワクチンはメーカーで欠品
はしかと風疹の混合ワクチンのMRワクチンも在庫僅少で
なかなかスムーズに入荷してくれず
お問い合わせくださる方にはご迷惑をお掛けしていて 申し訳ありません

で そんな時期に 某週刊誌から取材の申し込みがあり

そのお題が なんと おたふくかぜ

mps01

なんでも 6月の死に至る危険な病 という特集で
そのなかで おたふくかぜ を取り上げるのだそうです

なぜに6月に おたふくかぜ?
だったら トレンドの はしか にすればいいのに

などと思いましたが(笑)

良い機会なので 改めて おたふくかぜについて勉強しました

おたふくかぜは 小児科領域の病気なので
内科医が患者さんに接したり 勉強する機会は意外に少ないのですよ

でも 大人がおたふくかぜにかかると 危険な面もあるのです

<ムンプス おたふくかぜ とは?>

ムンプス(流行性耳下腺炎 おたふくかぜ)
有痛性の唾液腺腫脹や発熱をともなうウイルス感染症です

唾液など気道分泌物の飛沫や接触により ヒトからヒトへ感染します

潜伏期間は通常 12〜25日間 と長いのが特徴です

mps02

ムンプスという名前の由来は不明ですが
ひどい耳下腺炎を起こした患者さんが ぼそぼそ話す(mumbling speech)
ことによるのではないかと 報告されています

子どもにとっては重要な病気のひとつで
学校保健安全法に定める第2種学校感染症疾患で

「耳下腺 顎下腺 舌下腺の腫脹が発現後5日を経過し
かつ 全身状態が良好になるまで」

は 学校への出席停止となります

<患者さんの年齢層>

患者さんのほとんどが幼少児で

mps03

4歳以下(クリーム色)の占める割合が45 〜47%で
0歳は少なく 年齢とともに増加し 4歳が最も多い
続いて5歳 3歳の順に多く 3〜6歳で約60%を占めています

<原因ウイルス>

本疾患の原因であるムンプスウイルスは
パラミクソウイルス科のウイルスで

表面にエンベロープをかぶった
マイナスセンスの1本鎖RNA ウイルスです

mps04

大きさは100 〜600nm で 主に6つの構造タンパクを有しています

表面のエンベロープに 2種類の糖タンパク質を有し
この2 つのタンパクに対する抗体が 感染から宿主を防御します

ワクチンも この抗体を作らせるものです

<感染経路>

耳下腺腫脹の1〜2日前から腫脹後5日までが 他人への感染源となりやすい

感染力は 麻疹には劣るものの 比較的強いとされています

ウイルスは唾液中に含まれるため 咳やくしゃみでもうつる飛沫感染です

飛沫で汚染されたものに触れる接触感染でも 感染します

mps06

自覚症状がないまま感染する 不顕性感染もありますが
その場合でも 唾液中はウイルスが含まれています

おたふくかぜにかからないために
マスクの着用や身の回りの消毒を心がけましょう

高橋医院