おたふくかぜの解説を続けます

<症状>

基本的には軽症です

2〜3週間の潜伏期(平均18 日前後)を経て

唾液腺の腫脹・圧痛 嚥下痛 発熱を主症状として発症し

通常1 〜2週間で軽快します

mps11

唾液腺腫脹は
両側 あるいは片側の耳下腺にみられることがほとんどですが
顎下腺 舌下腺にも広がることがあります

通常は 48時間以内にピークを認めます

mps12

接触 あるいは飛沫感染で伝搬し
その感染力はかなり強いとされています

ただし 感染しても症状が現れない不顕性感染も  30〜35%にみられます

鑑別を要するものとして
他のウイルス(コクサッキー パラインフルエンザ)などによる
耳下腺炎があります

反復性耳下腺炎も おたふくかぜと鑑別すべき疾患で
耳下腺腫脹を何度も繰り返すもので
軽度の自発痛がありますが 発熱を伴わないことがほとんどで
1〜2 週間で自然に軽快します

<診断>

*臨床症状
*おたふくかぜの既往の有無
*ワクチン接種の有無
*周囲の流行状況
*ムンプス以外の耳下腺腫脹を呈する疾患の除外

などにより 診断します

確定診断のためには

唾液 尿 髄液などからのウイルス分離または遺伝子の検
EIA 法による血清IgM抗体の検出
またはペア血清でのIgG 抗体価の有意な上昇(通常2倍以上)

などが用いられます

mps13

<合併症>

@中枢神経合併症

無菌性髄膜炎および脳炎の頻度は それぞれ1〜10% 1%未満で
前者は予後良好ですが 後者は後遺症や死亡につながり得ます

mps15

@聴力障害

ムンプスウイルスの内耳感覚神経障害により 難聴をきたします

mps16

多くは片側性で
永続的な高度の感音性難聴を呈します

幼少児に多く見られます

mps17

わが国の疫学調査では
1000人に1人の頻度で発症すると報告されていますが

近年の耳鼻咽喉科学会の調査では もう少し多いとされています

mps18

@精巣炎・卵巣炎

思春期以降に感染した場合に 発症することがあり

精巣炎・精巣上体炎および卵巣炎の合併頻度は
それぞれ25 % 5%といわれています

多くは片側性で 不妊を来す例はまれです

@膵炎

合併頻度は数%という報告が多いです

<重症度・予後>

一般的に予後良好ですが
感染力が強く 種々の合併症を呈することがあります

耳下腺腫脹は
発症3日目頃がピークで 通常7〜10日で軽快します

mps15

<治療>

ウイルスそのものに対する 有効で特異的な治療法はなく
発熱 疼痛 経口摂取不良などに対する対症療法を行います

発熱 疼痛に対しては 必要に応じて解熱鎮痛薬を使用し

経口摂取不良に対しては
脱水の程度に応じて経口補液療法や輸液療法を行います

 

高橋医院