紫煙をくゆらすって 大人っぽくて格好良いなあ

tbk01

でも タバコの煙って 紫色には見えないけどなあ

tbk02

と 書き手は小さい頃に 不思議に思っていました(笑)

確かにタバコは 大人の嗜好品 という感じがしますが

でも タバコを吸う人は 実は病人なのですよ

tbk02a
tbk20

日本では2006年から 健康保険適応による禁煙治療が開始されました

これは「喫煙は病気 喫煙者は患者」という考えに基づいています

喫煙者の多くは 喫煙を趣味・嗜好ととらえ
病気であるという認識は薄いのですが

喫煙は健康に害を及ぼす立派な生活習慣病で
タバコを吸う人は 病人なのです

こんな風に正面切って言われると
多くの愛煙家は 面喰うでしょうね(笑)

tbk03

<喫煙の健康への悪影響>

喫煙は がん 循環器疾患 呼吸器疾患
消化器疾患 歯周病 胎児の成長障害
その他さまざまな健康障害の原因になっています

tbk04

タバコの煙には 2000 種以上の化学物質が含まれ
そのうち発がん性が判明しているものだけでも40 数種類あります

tbk05

なかでも

*強い依存性を有し 血圧や脈拍数を増加させる ニコチン

*多くの発がん物質を含む タール

*血液中の酸素量を減少させ 動脈硬化を進展させる 一酸化炭素

は 代表的な3悪人です!

tbk05a

@喫煙による死亡

現在 死亡者の10 人に1 人は喫煙が原因となっており
総数で年間500 万人以上もの人が死亡しています

日本でも
毎年11 万人以上が喫煙を原因として死亡していると推計されていて
これは死亡者全体の16.3%にものぼる数字です

喫煙は 死亡原因の最大のリスク要因ですが
喫煙関連疾患は 禁煙により発症が防げることから
予防可能な単一疾患としては最大の病気でもあります

tbk06

喫煙者は非喫煙者に比べ
平均寿命が10年も短く 
壮年期死亡が多い

ことは従来から指摘されてきましたが

tbk07

喫煙者の半数が喫煙に起因する死因で死亡し
その40%は69歳までに死亡することから

壮年期の死亡の1/3から1/2は喫煙が関連していると考えられます

70歳での生存率は 非喫煙者81%に対し 喫煙者は58%に過ぎません

tbk08

@疾患発症リスクへの関与

*虚血性心疾患 1.7~3倍

ただし 禁煙で2年以内に減少し 冠動脈疾患の改善には即効性があります

*突然死 1.4~10倍

*脳卒中 2~3倍

*大動脈瘤 6倍

と 心・脳血管系疾患の死亡率は 喫煙者で軒並み高値を示します

また 喫煙開始年齢が若いほど

*心筋梗塞の死亡率が上がる
*ニコチン依存症になりやすい

ことが明らかにされています

このように
喫煙は健康にとって百害あって一利なしなのは明らかです

<日本人の喫煙状況>

日本の成人男性の喫煙率は徐々に減少しつつあり
2005 年には39.3%となり初めて40%割れとなったものの
英米に比べると まだ突出して高いレベルにあります

日本の成人女性の喫煙率は2005 年には11.3%で
1965年以来ほぼ一定していますが

40歳代以上の年齢層では年々減少傾向を示している反面

30歳代 20歳代と年齢層が下がるほど 喫煙率の上昇傾向が明らかで
この現状を反映して 妊婦の喫煙率も増加傾向がみられています

最も喫煙高い年代は
男性は30歳~40歳代で42% 女性は30歳代で14.2%

若い女性および未成年の喫煙の増加が問題でしたが
未成
年者の喫煙率は ようやく減少の傾向となっています

tbk09

ちなみに
患者さんに禁煙を指導する立場の 医療従事者の喫煙状況はどうでしょう?

人さまにご指導をする前に まず自らの襟を正さないといけませんから(笑)

我が国の医師の喫煙率は
男女とも国内の一般人口集団の喫煙率より低いものの
世界の喫煙対策先進国と比べると かなり高いのが現状です

さすがに最近は減少していますが
それでも 男性医師は10% 女性医師は2.4%で

ちなみに 他の国での医師の喫煙率は 軒並み5%以下です

お恥ずかしい!(苦笑)

ちなみに書き手は
二十歳過ぎてからは タバコは 吸っていません!(苦笑)

tbk10

年齢階級別では 男女とも30歳代が最も高かった

専門科で見ると
男性では さすがに禁煙指導の専門の呼吸器科が5%以下で
他科に比べて有意に低かったですが

産婦人科 泌尿器科 外科 精神科の喫煙率は16%を超えていて

女性医師は 呼吸器科と小児科で低い

tbk11

一方 看護職の喫煙率をみると
保健師では低率ですが
助産師 看護師および准看護師(いずれも女性)では
一般人口集団の女性よりも高率でした

確かに 病棟飲み会などで
紫煙をくゆらせているナースの方は多かった(苦笑)

喫煙率が高いだけでなく
喫煙に対して寛容な態度をとる者が非喫煙者にも多いことが
看護職の問題とされているようです

 

高橋医院