喫煙している人の周囲にいる人が
自分の意思とは無関係に
喫煙者が吐きだすタバコの煙を吸ってしまうことを

受動喫煙 と言います

tbk61

たとえ自分がタバコを吸っていなくても
周囲の人が吸っているタバコの煙を浴びることで
健康障害が起きてしまいます

受動喫煙により健康障害を引き起こすことが
科学的根拠により証明されているのです

世の愛煙家さんたちには
自分が吸っているタバコの煙が 周囲の人々の健康を害している事実を
是非とも認識していただきたいと思います

<副流煙>

タバコの煙には

*タバコから直接喫煙者に吸い込まれる主流煙

*点火部分から大気中に散布される副流煙

があります

tbk62

副流煙は 喫煙者から吐き出される主流煙とともに生活空間を汚染し
周囲の人が吸入して肺に至ります

副流煙には 2000 種類以上の化学物質が含まれていて
不完全燃焼状態で発生する副流煙の方が 主流煙よりも化学物質の量が多く

発がん性の高いN-ニトロソジメチルアミンは
数10 倍も多いと報告されています

 

<受動喫煙による健康被害>

受動喫煙より

*短時間の受動喫煙でも 頭痛 頻脈 皮膚温低下 血圧上昇がおきる
*血がかたまりやすくなり 動脈が硬く細くなって
心筋梗塞を起こしやすくなる
*30分ほどで心筋梗塞などが起こることもある

といった不具合が起こり得ます

家庭や職場の受動喫煙により
咳は2.6〜3.8倍 痰は1.4〜4.5倍 息ぎれは1.4〜4.5倍 増加し
気管支喘息は1.4〜1.6倍 慢性気管支炎は1.7〜5.6倍
それぞれ発症リスクが増加します

その他 さまざまな病気が受動喫煙により起こることが判明しています

tbk63

また 三大死因(がん とくに肺がん 心筋梗塞 脳卒中)が
受動喫煙により2〜8割増えるとも報告されています
(心筋梗塞死は1.2〜1.3倍 脳卒中死は1.8倍 肺がん死は1.2倍増加)

tbk64
tbk65

受動喫煙者の数%が 最終的に受動喫煙で死亡してしまい
毎年アメリカで数万人 日本で1万人が受動喫煙死しているのです

受動喫煙をうける人の1~3%が
受動喫煙が原因となった心筋梗塞で死亡します

タバコを吸わない人の心筋梗塞の死亡のうち
20%は周囲の人のタバコの煙が原因と考えられています

家族や同僚がタバコを吸っている人は 心筋梗塞のリスクが増えます

tbk66

受動喫煙の心筋梗塞リスクへの悪影響は
コレステロールが30mg/dL 血圧が30mmHg上がったのと
同じなのです!

tbk67

家族や同僚がタバコを吸っている人は 肺がんのリスクも増えます

喫煙者がいるお茶の間やオフィスは まさに危険区域と言えるのです

tbk68

<受動喫煙の子供への影響>

子供たちも 受動喫煙の被害を受けています

親の喫煙による低体重出生 気管支喘息などで
毎年数十万人のこどもが苦しめられています

tbk70

乳幼児突然死症候群は
家庭内の喫煙者の存在、特に父母の喫煙と密接に関連しています

tbk55a

それ以外にも

自然流産1.1〜2.2倍 乳幼児突然死4.7倍 低体重出生1.2〜1.6倍
肺炎・気管支炎1.5〜2.5倍 気管支喘息1.5倍 咳 痰 喘鳴1.5倍
むし歯2倍 中耳炎1.2〜1.6倍

など 枚挙に暇がありません

このように喫煙は周囲の人々の健康に悪影響を及ぼしますが

その被害は アルコールにより健康被害と異なり
少ない量からでも顕著に表れるのが特徴です

ですから 厄介で 充分に注意しなければなりません

tbk69

受動喫煙の対策は 完全禁煙につきます

換気 空気清浄機などの対策では 受動喫煙は減らせません
完全禁煙以外に 受動喫煙から非喫煙者の健康を守る対策はないのです

tbk72

 

<喫煙が社会・経済に及ぼす影響>

ちなみに 受動喫煙とは直接関係ありませんが
喫煙は社会・環境にも悪影響を及ぼします

タバコは火災の原因となり
日本では全火災の9.6%(第3位)を占めていますし

陸起源の海岸漂着ゴミは タバコの吸殻やフィルターが第1位で24%を占め
道路でのポイ捨ても含め環境汚染の原因になっています

さらに タバコによる経済的損失も 意外に大きいのです

喫煙による経済的損失は

喫煙者の直接超過医療費が1兆2900億円
受動喫煙間者の直接超過医療費が146億円
喫煙による労働力の損失が5兆8000億円
火災による損失が2200億円

合計で 7兆3246億円と推計されています

tbk75

タバコを買うときに ちゃんと税金を払っている と
文句を言われる愛煙家がおられますが

タバコによる経済的損失は タバコ税収をはるかに上回っている現実は
もっと認識されるべきかもしれません

 

高橋医院