さて いよいよ 禁煙の話題に入っていきましょう

<禁煙することの意義>

喫煙は 
我が国の死亡に関するリスク要因のダントツトップであり
疾病の原因の中で 確実に防ぐことができる最大のものです

tke000

ですから 禁煙は最も確実に疾病を減らすことのできる方法
禁煙推進こそが 社会全体の健康増進に寄与する最大のものと言えます

tke00b
tke00c

禁煙の意義は 想像している以上に大きいのです!

<禁煙の景色>

ひとくちに禁煙と言っても いくつかの対策方法があります

tke00

tke04

@防煙

青少年が喫煙習慣を身に付けることを防ぐことで
近年では 小学校低学年から考慮すべきであるとさえ言われています

tke02

さすがに書き手も 小学生のときは吸いませんでした(苦笑)

@断煙

喫煙している人に 禁煙の動機づけをし 禁煙に踏み切らせること

喫煙者の65%近くが
やめたい あるいは本数を減らしたいと思っているそうですが

しかし その多くは いずれ禁煙したいと思っているだけで
今すぐに始めたいとする人はわずかで

tke03

また必ずしも容易でないことから
最初から諦めている人も少なくないそうです

2008年の「国民健康・栄養調査」(厚生労働省)によれば
20歳以上で現在喫煙している男性の28.5% 女性の37.4%が
やめたいと考えており

本数を減らしたいと考えている者を含めた禁煙希望者は
男性61.4% 女性62.9%に上るとのこと

ですから
禁煙に興味はあるけれど まだ真剣みがない人 最初から諦めている人たちに
いかに関心を持ってもらい 動機づけを行い
実際に断煙行動に踏み切らせるかが 大切になります

@禁煙維持の支援

残念なことに 断煙してもその半数以上が半年以内に喫煙を再開します
1年後も禁煙を維持している人は たかだか10%にすぎないそうです

tke06

ですから 周囲が禁煙の維持をサポートしてあげなければなりません

<禁煙の効果>

@禁煙後には 次のような経時的変化が現れます

禁煙直後から 血圧 脈拍数が正常に戻り 血流が改善します

3日ほどで 体内からニコチンがなくなり 呼吸や歩行が楽になり

2~3週間で 歩くのが楽になります

そして 5年以上で 肺がんリスクが非喫煙者レベルまで落とせ
10年で 色々ながんのリスクが減ります

tke07

@喫煙した人が実感する 主な体調 症状の変化は

せきやたんが止まった
呼吸が楽になった
目覚めがさわやかになった
肩こりがなくなった
食べ物の昧がよくわかり おいしく感じる
肌の調子がよくなった
胃の調子がよくなり 食欲が出できた
口臭がしなくなった
歯をみがく時 吐き気がするのがなくなった
カラオケで声がよく出るようになった
ちょっとくらい走っても息切れしなくなった

などがあります

@また 下記のような 社会的 心理的変化も見られます

衣服や部屋がタバコ臭くなくなった
タバコ代が浮く
吸えないところにも行ける
周囲や家族から喜ばれる

やればできるという自信がついた
他人に不快感を与える心配がなくなった

tke08

<循環器疾患への効果>

急性ならびに慢性影響の両視点から
また疾患の予後を左右する因子としても
禁煙の意義は大きいと言えます

@効果

禁煙による虚血性心疾患罹患率の低下は 禁煙後比較的早期に現れ
禁煙後1年で 冠動脈心疾患の罹患率は大幅に低下します

急性心筋梗塞を起こしたあとの再発死亡率においても
禁煙した人では低下が認められます

1日15本以上喫煙を続けた人に比べ 禁煙した人では
心筋梗塞の再発率は半分程度となり死亡率も低下しています

しかし 再喫煙すると そのリスクはまた上昇してしまいます

tke09

また 喫煙者では
降圧薬のβ遮断薬やCa拮抗薬の抗虚血作用が減弱しており
禁煙すると 薬剤の効果が回復することが報告されています

脳卒中に関しては
発症リスクは 禁煙後2 年以内に急速に減少し
5年以内に非喫煙者と同じレベルになります

<呼吸器疾患への効果>

肺がん COPDともに
禁煙すると予防 治療に効果があることが 多くの研究で示されています

tke10

肺がんは 国内外の研究成績を総合すると
リスクが禁煙後10年で30~50%まで低下し その後も漸減します

COPD
禁煙により肺機能低下の経年変化が減弱され 延命がもたらされます

 

高橋医院