世界日本
喫煙に対して厳しく臨みましょう という流れになってきていることを
説明してきましたが

そうはいっても タバコ産業は現実として存在していますし
業界としては なんとか生き延びていきたい

タバコがないと仕事が進まないよ という愛煙家さんもおられるでしょう

だから “マイルド”とか“ライト”などの
なんとなく耳あたりがよい言葉を使い

軽いタバコなら大丈夫ですよ~ という感じで広告したい

tbk101

そんな気持ちも解る気がしますが

WHOは “マイルド”とか“ライト”という体によさそうな言葉を
タバコに使用することに きっぱりと反対しています

大体 タバコの箱に表示してあるタール ニコチンの量は
一定条件下で機械が吸引した煙を分析した値であって
タバコ1本に含まれている量ではないのです

tbk102a

たとえ“マイルド”でも 体に入る有害物質の量は期待するほど減らない

喫煙者は機械と違うので
“軽いタバコ”を吸うときには 無意識のうちに吸い方を変えたりして
結果的には ふつうのタバコを吸ったときと同じくらいの量のニコチンを
体内にとりこんでいることが多いそうです

海外からの反対もあり
2013年2月から マイルドセブンの名称はなくなりました

それでも業界は 手を変え品を変えで 色々と新商品を出しています

<ガムタバコ>

ガムタバコは 2003年10月に世界で初めて首都圏で発売された
ガムに葉タバコを混入したもので 外見上はチューインガムと変わりません

tbk103

しかし 世界各国で口腔癌等の口腔疾患の発症リスク
高めることが実証されています

また

*子供へ使用拡大が最も懸念される
*未成年者のタバコ依存の開始を増大させる
*ニコチン補給の行為が周囲から見えなくなる
*禁煙のための禁煙補助薬と誤解する
*煙が出ないので安全なタバコであると誤解する
*喫煙場所の制限と禁煙教育で高まった禁煙動機を低下させ
禁煙開始を遅延させる

といったリスクも懸念されています

<非燃焼・加熱式タバコ 電子タバコ>

非燃焼・加熱式タバコは
葉タバコの加熱により ニコチン含有エアロゾルを発生させて吸引するもの

電子タバコは
液体(ニコチンを含むもの 含まないものあり)を加熱して
エアロゾルを発生させて吸引するもの です

2014年末頃から 世間に出回り始めましたが 最近よく見かけますね

tbk104

煙が出ていないので 無害なようにも見えますが

タールが削減されているだけで
依存性物質のニコチン その他の有害物質は葉タバコ同様に吸引されるので
結局 タバコが関連する病気のリスクは変わらないのでは?
と考えられています

また 煙はなくても
エアロゾルにより受動喫煙者の健康を脅かす可能性があります

tbk105

日本呼吸器学会は これらの新しいタイプのタバコに関して

*非燃焼・加熱式タバコの使用は 健康に悪影響がもたらされる可能性がある
*非燃焼・加熱式タバコ 電子タバコの使用者が呼出した
 エアロゾルは周囲に拡散するため
 受動吸引による健康被害が生じる可能性がある

従来の燃焼式タバコと同様に
全ての飲食店 バーを含む公共の場所 公共交通機関での使用は認められない

との公式見解を出しています

tbk106

やっぱり 電子タバコより 禁煙パイポの方がいいようですね?

tbk107

私は これで 会社を辞めました

このCM 懐かしいです(笑)
若い方たちは ご存知ないでしょうね

 

高橋医院