尿の回数 尿の量が 多くても少なくても 病気の可能性があります

<排尿に関わる器官>

腎臓で作られた尿は
尿管により膀胱に運ばれ そこで溜められてから
尿道を介して体外に排出されます

*尿管は ぜん動運動により 尿を腎臓から膀胱に運ぶ働きをします

*膀胱は 尿を貯める袋で 300~500mlの尿を溜めることができ
周りを排尿筋という筋肉が囲んでいて
尿を溜めている間は 排尿筋は弛緩しています

*尿道は 膀胱の尿を外に出す管で
男性では 20~25cm 女性では 5cm の長さがあり
尿道括約筋というバルブがあり 排尿のタイミングを調節しています

*前立腺
男性の膀胱のすぐ下にあり器官で 精液の成分を作っています
加齢により肥大が生じたりすると
尿管を圧迫したりして 排尿に異常を生じさせます

urn31

<排尿の仕組み>

排尿は 反対の働きをする
膀胱の排尿筋 尿道括約筋のバランスにより規定されていて

尿を溜めているときは 排尿筋は緩み 括約筋は締まり
排尿するときは 排尿筋は収縮し 括約筋は緩みます

urn32

<尿の量と回数>

健康な方では
通常は1日に500~2000mlの尿を出していて
トイレに行く回数は10回以内が多い

それより 量や回数が 多かったり 少なかったりした場合は
なんらかの病気が隠れていることがあるので注意が必要です

@乏尿

1日の尿量が500ml以下の場合は 乏尿です

頻尿になると 老廃物を排泄できなくなるので危険です

原因は

*腎前性  血圧低下などで 腎臓に行く血流が足りなくなる

*腎性   腎臓が急性に障害されて 尿ができなくなる

*腎後性  尿路が閉塞されて 尿が排泄できなくなる

に分類され

それぞれの状態は さまざまな病気により起こってきます

urn33

@多尿

1日の尿量が2000ml以上だと 多尿です

原因としては

*尿を濃縮するホルモン(ADH)の濃度が低いか 腎の反応性が悪い
中枢性尿崩症 腎性尿崩症

*心因性多飲症

*慢性腎不全 急性腎不全の多尿期

*糖尿病

*利尿薬

などがあります

@頻尿

昼間に8~10回以上トイレに行く
夜中に2回以上トイレに行く

場合は 頻尿です

urn34

多尿が原因のことが多いのですが

*過活動性膀胱
膀胱の筋肉が勝手に収縮するので 急にトイレに行きたくなる状態

*神経因性膀胱
排尿のコントロールが上手くいかない状態

*膀胱炎

*前立腺肥大

といった病気が隠れていることもあり 注意が必要です

@残尿感

尿をしても し残したような感じがする状態で
尿道の通りが悪くなることが原因です

urn36

前立腺肥大 がん 尿道狭窄 などを疑う必要があります

@夜間の頻尿・尿量増加

通常は水分摂取量が減るので 夜間の尿量は減少し 排尿回数も減ります

しかし 夜間に何度もトイレに行く場合は

*過剰な水分摂取

*膀胱容量の減少

*尿路系の炎症

*前立腺肥大

などが疑われます

urn35

また 夜間の尿量が増加する場合は

慢性腎不全 心不全 肝硬変

などの病気の存在が疑われます

 

高橋医院