尿の検査は 外来で試験紙を用いて 簡単に行われます

尿検査で検出できるのは

*白血球

*赤血球

*タンパク

*糖

などです

urn21

@蛋白尿

通常は タンパク質は尿細管で再吸収されるので 尿中にほとんど出ず
出たとしても 1日に100~150mg程度です

そのうち アルブミンが10~30mgで 約半分を占めています

尿中に蛋白がたくさん漏れていることは
腎臓に障害があることを反映し
また蛋白尿それ自体が 腎臓に障害を与えます

蛋白尿が見られた場合
それが 持続性か 一過性か が問題になります

というのも
健康な方でも 運動後などに一過性に蛋白尿がみられることがあり
起立性蛋白尿と呼ばれます

また 発熱 ストレスなどでも 蛋白尿がみられることがあります

urn22

通常は 早朝起床時 安静時には見られないことが多いので
朝起きてすぐの尿を持参していただいて検査したり
随時尿を何回か検査して 3回以上連続した場合に持続性と診断したりします

@血尿

血尿は

*肉眼的血尿  見た目でわかる 赤褐色 暗黒褐色の尿

*顕微鏡的血尿  見た目ではわからない

に分類されます

urn23

原因として多いのは

*腎・尿路系の 結石 腫瘍 外傷血液凝固異常IgA腎症などの腎実質病変

*腎尿路感染症

などで

そうした病気を疑った詳しい精密検査が必要になります

@白血球

膀胱炎などの尿路感染症の際に認められ
細菌も同時に検出されることが多く 診断の助けになります

@糖

血中の糖は 腎臓で濾過される過程で 尿細管で再吸収されますが

血糖が異常に増加して限界(閾値)を超えると
尿に糖が出てきて検出されます

一般的には 血糖値が160~180mg/dLを超えると 尿に糖がでてきます

urn24

尿糖は
排尿から次の排尿までの間に起こった高血糖を反映しており
糖尿病の可能性を示唆する所見ですから
精密検査を進める必要があります

しかし 尿に糖が出たら 必ず糖尿病 というわけではありません

尿糖の排泄閾値が低い つまり尿細管で糖を再吸収する力が弱いと
血糖値が正常でも 尿糖がでることがあり
この状態は 腎性糖尿 と呼ばれます

腎性糖尿は
糖尿病とは関係ありませんが
腎臓病の1種である尿細管障害と関連していることがあります

 

高橋医院