現代人に生活習慣病が多いのは ご先祖さまから引き継いだ体質のためだ

というお話を 糖尿病 高血圧 について説明しました

こうした考え方は ミスマッチ病 という
ハーバードで人類進化生物学を教えるダニエル・E・リーバーマンさんが
新たに提唱しているコンセプトに依っています

mism01

人類の祖先が 何百万年も前から続く進化により形成してきた体質が
私たちが生活している現代社会の生活環境と合っていない 

まさに ミスマッチが生じているから
さまざまな生活習慣病が発症し 蔓延している

という考え方です

mism02

人体 600万年史  科学が明かす進化・健康・疾病

というハヤカワノベルズに その内容は詳しく書かれていますが
とても興味深いので その内容を紹介しようと思います

mism03

まずダニエル先生は

現代は 予防可能な 非感染性の慢性疾患が 世を覆っている

と指摘します

肥満 糖尿病 心臓病 骨粗鬆症 脳卒中 アレルギー 腎臓病 

認知症  うつ病 不安障害 不眠症 

などなど

その多くは 生活習慣病 と呼ばれている病気です

mism04

どうして そうした事態に至ったのか?

ダニエル先生は その理由を説明するために
ヒトの身体における 進化と自然選択 について説明されます

ヒトの身体には 進化の歴史という 重要な物語がある

進化により
ヒトの身体が どうして今のようなシステムになったかを説明でき

そこから
身体は 何に適応していて 何に適応できていないのか? を
明らかにすることができる

では 進化とは何か?

進化は 人が健康になることを目的としてなされたのではなく

出来るだけ多くの子供を持てるよう
自然選択の作用を受け 適応したこと で

そうした進化が 身体の中に適応を蓄積してきた

私たちの今の身体は
何百万年もの間に生じた適応の寄せ集めなのである

mism05

えっ 自然選択って なに?

自然選択は ダーウィンが「種の起源」で訴えた 進化の概念ですが

生存と繁殖の確率を高めてくれる遺伝的な変化を起こした者が
生き残る現象

です

遺伝変化により首が長くなったキリンは 高い木の葉も食べられたので
繁殖できて生き残ったけれど

首が短いままのキリンは 高い木の葉は食べられないので
子孫を増やすことができず絶滅してしまった

これが 自然選択

mism06

私たちのご先祖様の身体は
大昔から 狩猟採取民として生存し繁殖するように
適応させられてきた

その結果である身体を 今のヒトが引き継いでいるわけですが

ここで重要なことは

そうした適応は
現代に生きるヒトが考えるような
肉体的 精神的な幸せを促進するような進化ではない

ということで

残念なことに
何を食べ どれだけ運動するかについて
合理的な選択ができるようには 進化していないのだ

と 論が進みます

逆に
そのような進化の産物であるひとの体と
現代の食生活や生活環境などがマッチしていないから
生活習慣病のような病気が生じてきてしまう

mism07

うーん 書き手はこれまで
進化について考えたことなんて あまりなかったし

ましてや 医学の視点から 人類の進化について俯瞰するなんて
全く思いもよらなかった視点なので ビックリしました

でも そうした話を聞くと

ダニエル先生が

進化医学という研究分野は
なぜその病気が生じるのかを説明するのに役立つのだ

と説かれるのが 納得できるような気がしてきます

mism08

そして ミスマッチ病 ディスエボリューション

mism09

というコンセプトが生まれてきます

 

高橋医院