ミスマッチ病の話を続けます

ヒトの身体は

食物が少なく そのため走り回って食物を探す という
現在とは異なる環境で 飢餓に備えることができるように進化した ために

現在の飽食な食事や運動不足の生活には うまく適応できない

端的に言うと 肥満になってしまう のです!

mism07

では ご先祖様が成し遂げた進化を引き継いだ私たちの身体は
具体的には どんな身体なのでしょう?

それは なんと

糖質などのエネルギーの高い食物を欲しがり
身体活動に必要なエネルギーでは消費しきれない余分なカロリーを
効率よく脂肪として蓄積する身体

なのです!

mism11

いつ襲ってくるかもしれない飢餓環境に対応するには
当然の進化なのですが

しかし

このような身体が 現代の飽食 運動不足な環境で生活すると
ブクブクと太ってしまい
糖尿病などの生活習慣病が蔓延している

言われてみれば ごもっともです(苦笑)

mism13

こうした事実から ミスマッチ病 というコンセプトが生まれてきます

狩猟民族は
定期的に食料不足に直面し 活発に身体を動かさないといけなかったから

エネルギー豊富な食物を切望し
休めるときには休もうとする自然選択が働いて
今の身体が出来上がったので

mism15

ドーナツなどの高カロリーで甘いものを食べたがり
休日には運動せずのは家で寝転がっていたいのは
ヒトの原始的な衝動なのである

mism17

しかし それらは
かつては意義がある適応であったけれど
現代では むしろデメリットになってしまっている

この150年あまりで
食生活を含めた生活環境は 大きく変化したけれど
身体の遺伝的 解剖学的 生理的な本質はなんら変わっていない

そこに 現代人の不幸の原因があるのです

まさに 生活習慣病はミスマッチ病 というわけです

mism14

では どうしてヒトの身体は
新しい生活環境に適応して進化していないのでしょう?

それは 近年の生活環境の変化が あまりにも急速すぎたので
ヒトの身体に 環境の変化に対応するような自然選択が起こるには
全く時間が足りていないのです

ヒトの身体は250万年の長い時間をかけて進化してきたけれど
飽食で運動不足のライフスタイルになってから まだ100年も経っていない

mism02

つまり

私たちの祖先であるホモサピエンスが登場して以降
重要な生物学的進化は 実のところ全く起こっていないのです

現代は 生活環境の変化といった文化的進化の方が
自然選択よりも強力な力となっているけれど
身体は そうした劇的な環境変化に対応できず変化できていない

なぜなら

自然選択は 何百世代も経過しないと劇的な効果を表さないからです

なるほど
文化的環境の変化のスピードに
進化のスピードがついていけていないのですね

仮に 現代の生活環境に適応するような身体の自然選択が始まっていても
それはまだ始まったばかりで
その成果が出るのは 何百万年も先のことになる

ということでしょうか?

こうした現状から

ディスエボリューション というコンセプトが生まれてきます

ミスマッチ病の原因である 新たな生活環境を変化させるのは現実的に難しい

飽食で運動不足となる環境は 実は便利で有難いものだけに
それが病の原因になると解っていても
是正できず次世代に伝えてしまい 次世代も同じ病気に悩む

という悪循環が生じてしまう

先祖から受継いだ身体
新たに築かれた昔とは異なる生活環境
その便利な生活環境を選んでしまう判断

それらの相互作用により
危険なフィードバックループが形成されてしまう状況を
ダニエル先生は「ディスエボリューション」と呼びました

mism18

現代社会では
生物学的進化より 文化的進化の方が はるかに大きな影響を与えている

文化的進化では
人間が作りだした新たな考えや行動を 子供や周囲の人々に伝達するが

そうした新しい行動である
過度に豊富な食物環境と身体活動の少なさが 体の具合を悪くさせている

でも 身体はそうした状況に対応して進化できていない

それは 生物学的進化より 文化的進化の方が
はるかにスピードが速いから

まさに ディスエボリューションが生み出す ミスマッチ病の世界

でも 進化を促す原動力が 子孫を増やすことなら

現代社会でミスマッチ病が蔓延していても 子孫は増やせているわけだから
身体が進化する必要はないのでは?

天邪鬼な書き手は そんなふうにも思えるのですが どうなのでしょう?(笑)

 

高橋医院