おやおや 
タクシーが新聞スタンドに
飛び込んでしまいましたね

大丈夫でしょうか?

crp01

でも 
どうしてこんな事故が
起きてしまったのでしょう?

それは タクシーの運転手さんが
後ろの席に座っていたこの方たちが
しゃべるのを見聞きして
びっくりしてハンドル操作を
誤ったからなのですよ

crp02

で 運転手さんをびっくりさせた
この方たちは

いつも住んでいる”100エーカーの森”から
ある用事のために
ロンドンに出てきたところでして、、、

crp03 

ということで
糖尿病専門医さんの強いリクエストもあり
連休の1日 こちらを鑑賞してきました

crp04

若い人を中心に結構混んでいて
カップルも多かったです

映画鑑賞にお約束のポップコーン

crp05

Newの いきなり!ステーキ味 
にも興味がありましたが
プレーンの塩だけにしておきました(笑)


で 登場人物のこの方たち

crp06

糖尿病専門医さんは
当然のごとく皆さんの名前が言えて

びっくりしている書き手に
「えっ どうしてわからないの?」
と 呆れたように問われますが

そんなことを言われてもねぇ、、、


で 物語は
大人になったクリストファー・ロビンの苦悩
から始まります

crp07

ちなみに この映画
邦題は プーと大人になった僕 ですが

オリジナルタイトルは

クリストファー・ロビン

crp07a

うまい訳をしましたね!

で ロビンさん

会社で中間管理職の苦悩と悲哀を
思い切り味わっていて

楽しみにしていた
週末の家族旅行もキャンセルして
ひとりロンドンの自宅で 
仕事をせざるを得なくなります

そんなとき 
くたびれ果てて座った公園のベンチで
思いがけず再会したのが

幼い頃に
100エーカーの森で一緒に遊んでいた
親友だった プー

crp08
crp09

ちなみにプーさん 

この再会のシーンで 
仕事に悩めるロビンが
what to do what to do what to do
とつぶやいていたら

what to do indeed 

なんてつぶやき返して

英会話するとき
適切なシチュエーションで
上手に”indeed”が使えない書き手は

おー さすがネイティブな熊さん!
と感心しました(笑)


さて ロビンはプーの助けに応じて
懐かしい森に戻るのですが、、、

crp10

幼い頃は楽しかった森ですが

大人になったロビンには
哀しいかな 
その状況を楽しむ精神的余裕は
なくなっていて

crp11

でも 
いろいろなことがあって
プーと仲間たちはロビンの娘と助け合って
ロビンのために頑張って

crp12

あまり詳しく話すと
ネタバレになるので端折りますが

最後は映画の宣伝にも書いてあるように

ロビンは
忘れてしまった「本当に大切なモノ」
を思い出して

家族との絆を取り戻し

crp13

プーとも 昔のように語りあうのでした

crp14

さて 書き手は 
初めてプーさんの世界に足を踏み入れたのですが
とても印象的だったのが

プーは 毎日 何もしないことに忙しい のですよ

crp16

そして

何もしないことは
しばしば 何か素晴らしいものを導きだす

などと 語るのですよ!

crp15

うーん なんだか 哲学的だなあ!(笑)


そして 見ていて思ったのですが

昔の自分を理解できないというか
戻りたくても戻れない

そんなロビンの気持ちには 
哀しいかな とても共感できました

まあ 正直なところ
それほど大きく胸をうたれる
というほどでもありませんでしたが

でも 映画が終わって場内が明るくなったとき
ハンカチを手にしている書き手を見て

糖尿病専門医さんは
「また泣いているの?」と言われました(苦笑)


ところで
お話に出てきた100エーカーの森にある橋

crp17

ロンドン近郊に実在して
プーの橋 と呼ばれているようですが

crp18

糖尿病専門医さんは 
その昔 実際にこの場に行かれて

映画のなかでロビンがやっていたように
木の枝を川に投げるパフォーマンスも
されたそうです

crp19

書き手は 映画の中のあのシーンを見て
川面に写った幼い頃のロビンの顔が
投げられた木の枝で消えてしまい
現実に引き戻されることを
暗示したのかなと思いましたが

糖尿病専門医さんによると
あの行為は
単純に川の水の流れを確かめるものだそうです

こういうお話は 書き手のように
ひねくれて深読みしては
いけないのですね?(苦笑)

crp20

ちなみに 帰り道で

あの ぬいぐるみの動作は
どうやってやったのかな?

と書き手が疑問を呈すると

プーさんたちは 実際にいるのよ!

と答えた方がおられました

なんか そういうの 良いよね?(笑)

 

高橋医院