お休みしていた 
AI時代とネコ型人間 の話題を続けます

ポスト工業化社会である 現代のIT AI社会では
イヌ型社会でなくネコ型社会が望まれることを 
紹介してきましたが

ネコ型人間から成るチームは とても有能です

nst50

現代の会社のチームは

多様な分野の専門家からなるプロジェクトチームで
タテでなくヨコの人間関係で活動します

そうしたチームでは
自分の意思と判断で主体的に行動できるネコ型人間でないと
貢献できません

変化が激しくて不安定な環境では
権力が分散して 水平方向のコミュニュケーションで有機的
そんな組織が有効です

組織に多様性があると
新たな視点や刺激が入り 創造・革新を生み出せるのです


nst51

安定した時代だと
権力がトップに集中して 命令・服従の関係で動く
そうした機械的な組織が有効でしたが

イヌ型社会のようなピラミッド型の組織は
現代では非効率です

筆者は

ネコ型社会で活躍するには
野良ネコの処世術に学ぶことが大切

と説かれます

nst52

たとえば
いくつかの集団への多元的帰属により 
自身の自由を確保するのです

ネコは 複数の集団に多元的に属し
主という存在を認めず 
誰からも束縛されず 過剰に干渉もされない
多元主義・等距離外交を好み 実践しています

ひとつの集団に属し
主人に忠実に振る舞うイヌとは まさに対照的です

複数集団への多元的依属により
代替的選択肢が持てるので
上からの理不尽な要求に従わなくてよいのです

うーん 筆者の方は 野良ネコさんの観察から
よくそんなことを思いつかれるものですね!

びっくり 感心です!

で 実際に最近の社会では

インディペンデント・コントラクター と呼ばれる

専門的な知識やスキルを有する個人が
複数の会社とフルタイムでない業務契約を結んで
仕事をしていく 

という働き方が注目されていて

アメリカでは 雇用形態の35%を占めるそうです

nst53

安定した時代は 寄らば大樹の陰で
ひとつの大きな組織に属していれば安心でしたが

不安定で動きの激しい現代社会では
複数の会社に多元的に属する方が
リスクを減らせるのです

一方 副業も大切になります

日本では
労働者をイヌ扱いして囲い込んでおきたがったので
副業は否定的でしたが

今は60%ほどが
副業している あるいは 副業したいと
考えているそうです

nst54

副業には
個人の会社への依存度を減らせる効果がありますし
会社も 社員の副業で外からの新たな情報が得られ
自社で訓練しなくても 社員が成長します

こうしたネコ型社会では
人間関係は 広くて浅いつながりになります

広いので 自分が持っていない多様な情報を得られやすく
浅いので 利害関係が起きにくい

nst55

日本社会は
放っておくと閉鎖的で濃密な人間関係になりがちで
濃密な人間関係では 互いがライバルになってしまいます

だから 日本の会社員は
職場の同僚にノウハウは教えないし
仲間と助け合わない

薄い人間関係では 利害関係が起こりにくいので
逆に互いに助け合うようになります

但し

複数の組織に属し 薄い人間関係でやっていくには
組織や他人に依存しなくても生きていける
自活能力が必要となります

しっかりとした個と実力がなければなりません

nst56

また ネコ型人間は
他人から嫌わることがあっても 憎まれません

イヌ型は
他人を攻撃して敵を作り 
憎まれたり恨まれたりしますが

ネコ型は
わがままで協調性がないかわりに
他人を必要以上に攻撃しないので敵を作らないのです

そして ネコ型個人主義では
自分は管理されたくなく 他人も管理しないので
平和主義になり
他人への思いやりも 自然に生まれてくるとされます

nst57

なるほどねえ ネコ型社会って 奥が深いのですね!

 

 

高橋医院