人類の身体の進化を考えるうえで
農業革命と産業革命は
とても大きな影響力があった

と ダニエル先生は論を展開します

mism41

特に 農業革命
食べるもの 眠り方 人間関係などを
徹底的に変化させた

そして「銃・病原菌・鉄」の著者の
ジャレット・ダイアモンド氏は
農業は 諸悪の根源にして人類史上最大の過ち
と評したそうです

mism41a

ご先祖様が農業を始めたことによって
狩猟時代より多くの食物を得られるようになり

摂取カロリー量も増えたので
多くの子供も得られるようになり

定住して大家族を営めるようになり
人口爆発が起こったけれど

その分 必死に働かなくてはならなくなった

また 天災により 飢餓に直面する機会も増えたし
共同生活による社会的ストレスも増えた

このような環境的変化に身体の機能がついていけず
初期のミスマッチ病が生じてきました


それは 感染症 です

村や都市の発展により人口密度が増えたので
感染症が発生しやすくなった

結核 ハンセン病 梅毒 ペスト 天然痘
インフルエンザ

多くの感染症は
全て農業の開始とともに流行が始まったそうです

mism42


そして産業革命により
さらに多くのミスマッチ病が起きてきた

幸いにして 細菌学や公衆衛生の発達等により
感染症は制御できるようになりましたが

今度は 別のタイプのミスマッチ病が発症してきます


生活習慣病のルーツが現れてくるのです

産業革命により 便利な世の中になると

身体活動量が劇的に減少し
座っている時間がどんどん長くなった

mism42a

そして 安価で高カロリーな工業食品が登場してきた

脂肪 デンプン 糖 塩分が 安上がりに手に入るし
糖 菓子 油脂 炭酸飲料は安くなる

工業製品化食物は
糖 精製デンプン 飽和脂肪酸が多く
タンパク質が少なく 線維質が格段に少なく
ビタミン ミネラルがとても少ない

栄養的には貧しく
カロリーが豊富なだけの食品の登場

食物線維が少なく
糖 脂肪 食塩が多い

そんなヒトが昔から好んでいた食物を
食品加工技術により
安価で大量に得られるようになったのです

mism43

そして こうした加工食品は
ヒトの消化器系機能を変質させました

消化に必要な負担が減り
血糖値が早く上がるようになったので
インスリンの早期大量分泌が起こるようになり

そこから 低血糖による空腹が起こり
また食べる の悪循環

こうして カロリー摂取量が大幅に増加したのです


そして ヒトが罹る病気の種類が大きく変わりました

栄養不良や感染症での死亡率は減少し
平均寿命は延長したけれど

肥満に関連した 非感染性慢性疾患が増加し始め
死亡率は低下したけれど
病気に罹っている人は増え続けている

こうした非感染性の慢性的な病気(NCDs)こそが
ミスマッチ病 まさに 生活習慣病 なのです

mism44

そして 人々の不健康寿命が延びてきて
それにともない
医療費は莫大になり 国家財政を圧迫する事態

ミスマッチ病の原因である新しい環境要因は
なかなか変えられません

mism46

しかし ここで対処しないと
病気は予防されず さらに広がっていってしまう

これこそが 人類が直面する最大の難事のひとつだと

ダニエル先生は警鐘を鳴らされます


健康を増進する食べ物を食べること
もっと活発に体を動かすこと

人類は
ミスマッチ病を克服することができるのでしょうか?

 

高橋医院