香水の話題を紹介して

以前テレビで見た 香道 を思いだしました

前回ご紹介したように
日本人は香りに頓着しないと
外人から思われているようですが

とんでもない

日本では昔から
香りを素材にして優雅に遊ぶ「香道」が
行われていました


psn21

香道

雅な東山文化が花開いた室町時代
茶道 華道とともに 香道も基礎が築かれ
その精神は現在も脈々と伝えられているそうです

まず印象的だったのが
香道では香りを「嗅ぐ」のではなく
「聞く」と表現すること

psn22

精神を集中して 幽玄かつ雅な心持ちで
香りを心で楽しむ

香りを表現するのに用いる
「六国五味:りっこくごみ」という言葉があります

六国は 香りを生む香木の
伽羅 羅国 真那蛮 真那賀 佐曽羅 寸門多羅
の六種を言います

伽羅は 
やさしく穏やかななかにピリリとしたところがあり
たとえば宮人の如し

羅国は
自然と匂い鋭く その様 武士の如し

真那蛮は
甘くいやしく 百姓の如し

真那賀は
艶やかにして 女のうちうらみたるが如し

佐曽羅は
冷やかにして 僧が如し

寸門多羅は
位低く卑しく 地下人の如し

などと 

それぞれの香りの特徴は人の振舞いにたとえられ
少し意地悪に しかし的確に表現されています

書き手は
真那賀がどんな香りか興味があります?(笑)

psn23


一方 五味は 香りそのものの個性で

甘い: 蜂蜜のような香り

苦い: 柑橘類の皮を焼いた香り

辛い: 胡椒や唐辛子の香り

酸い: 梅干しの香り

塩辛い: 海藻を焼いた磯の香り

の五種類が
香りを聞いて判断するときの基本単位だそうです


香道の催しが どのように行われるかというと

psn24

茶室のような比較的狭い和室で
主催者が 茶器より小さめの香呂で
香木の小片をいぶして香りをたて

psn25

それを列席者に順に回していきます

列席者は
正座して香呂を受け取り両手で持ち
まさに茶道の作法のように反時計回りに2回まわし
香呂を両手で覆った隙間に鼻を入れ
香りを「聞き」ます

psn26

なんともおごそかで
やんごとない振る舞いに見えます

そして
順番に出される2種類の香りの優劣を判断したり
数種類の香木の香りを聞いて
あるテーマを連想したりします

後者の遊び方は「組香」と呼ばれ

順番に出される香木の香りを聞き
何番目と何番目が同じ香りかを判断して
その組み合わせで
源氏物語の何番目のお話かを当てる

といった 超マニアックな(笑)ゲームです

psn27

いやはや なんとも雅で 優美な遊びですね

ため息が出てしまいます(苦笑)

しかも こうした遊びに参加するためには
古今東西の文学や文化に
精通していなければならない

雅の方々は大変でした(笑)


興味深かったのが
幻の香木と言われる 正倉院の蘭じゃ侍 の
エピソードです

psn28

信長も秀吉も明治天皇も
こっそりと削り取ったと言われる銘木ですが

この香木をたくと
上記の五味の全てが順番に聞けるそうです


それを聞いて思い出したのが
以前にいただいた ブルゴーニュの高級ワインのこと

ソムリエさんが

このワインは
時間経過とともにさまざまな香りが開いてきますから
じっくりと色々な香りを楽しんでください

と言われましたが
まさにその通りで驚いたことを憶えています

香木もワインも 高級品は
その香りの複雑さや多様性が
魅力の本質なのでしょうか?

香道遊びを嗜まれていた室町時代の人は
まさにその時代に
ポルトガルから運ばれて来た葡萄酒の香りも
南蛮グラスをクルクルと回しながら
「聞いて」いたのかな?

psn30

ソムリエさんがよく言われるような
「雨に濡れた子犬の毛の香り」
なんて難しい表現をせず

伽羅のように甘く
そしてわずかに真那賀や佐曽羅のような香りもする

なんて もっとわけのわからないことを言いながら
葡萄酒を飲み干していたかも?(笑)

 

高橋医院