ダルヴィーシュは 憧れなんだ

酔っぱらった若者は そう語ったそうです

語っていたのは
イランのとある高級住宅街にある邸宅の地下室で
こっそりと密造ドブロクを楽しんでいたエリート大学生

本屋でたまたま見つけた「イスラム飲酒紀行

psh01

無類の酒好きのルポライターが
飲酒ご法度のイスラムの国々で地元民にまみれて
密造酒を探し回る

そんな奇想天外な企画の本でしたが
これが意外に面白かった

なかでもイランの模様がとても印象的でした

イランはホメイニ革命以来
イスラム諸国の間でも一番イスラムの戒律に厳しい国になり

ほとんど唯一
外国人旅行者も含めて完全に飲酒が禁止されているそうです


今でも そうなのかな?

しかし 蛇の道はなんとやらで
鼻が利く著者は
タクシーの運転手やたむろする若者に聞き入って
密造酒を飲ませてくれるところを探し出します


そうした危ない場所で
ほろ酔い気分になったイラン人達が語る様子が面白い

総じて
ホメイニ・イスラム体制に対する批判が噴出するようです

psh02

俺達はペルシャ文化を継承する者で イスラムなんて大嫌い

ホメイニになってから 社会から文化の香りがしなくなった

我々は「酒はよきかな」と古典詩集のルパイヤートでうたった
かの誇るべき吟遊詩人の オマル・ハイヤーム の末裔だよ

psh03

なんで硬直したイスラム原理主義の支配下で
こうやってコソコソと密造酒を舐めてなきゃいけないんだ!

psh04

まあ どこの国でも
酔っ払いは文化を愛し そして勇ましいものです(笑)


で 文頭の話題になっていきます

書き手は 不勉強で知りませんでしたが
イスラム神秘主義の一派にスーフィーと呼ばれる人達がいて

彼等は
清貧な生活 修業を通して神との合一を目指す人々ですが
合一のための手段として 瞑想 踊り 音楽などに陶酔する

psh05

もしかして、お酒にも、、、?

そんなスーフィーには 各地を放浪する修行僧がいて
彼等がダルヴィーシュと呼ばれているそうです

psh06

ホメイニ・イスラム原理主義体制下では
ある種の退廃的な文化の香りを有するスーフィーは
当然のごとく異端視されるようになりましたが

我々はペルシャの末裔でイスラムではない 

とまでは過激なことは言わない若者も

俺達はイスラムでなくスーフィーだ 

くらいなことは 酔うと滔々と語るのだそうです


このあたりの話は とても興味深かったです


さて ネットでスーフィーのことを見ていたら
なんとトルコを旅行したときに観て とてもインパクトが強かった
メブラーナの セマー 廻旋舞踏 が出てきました

psh07

セマーも 代表的なスーフィー文化なのですね

スーフィー文化 奥が深くて面白そうです

最近のイランは
かのツイッター大好き大統領の苛めにあい(?:笑)
政治的に色々と大変なようですが

書き手は

ペルシア文化を引継ぐ存在としてのイラン」

 にはとても興味があります

psh08

なんといっても
あのアレクサンダー大王と互角に渡り合った
アケメネス朝ペルシアですからね

psh10

ちなみに イランでは
ノンアルコールビールの種類が半端なく多いそうです

psh09

イランのノンアルコールビール 味わってみたいなあ(笑)


 

高橋医院