前回 ビタミンDの説明をしましたが

ビタミンDは 最近とても注目されています

vitd21

ここ数年の間に発表された
ビタミンDの病気への影響に関する研究論文の数はうなぎ上りで
他の全てのビタミンやミネラルの論文数を上回っています

vitd22

どうしてビタミンDが それほど注目されているのでしょう?


<ビタミンDは ホルモンであり転写因子である>

最近の考え方では
ビタミンDは 他のビタミンと異なり
ビタミンというよりホルモンと見做されています

ビタミンは体内で合成できない微量栄養素 
と定義されていますが

既に説明したように
ビタミンDは紫外線を浴びれば皮膚の中で合成できます

vitd2

栄養素として食物から摂取しなくても まかなえるのです

またビタミンの多くは
補酵素として主に代謝反応に関わりますが
ビタミンDはもっとダイナミックな働きをします

体内のほぼすべての臓器は
ビタミンDがなければ最適に機能できない
といっても過言ではありません

vitd23

さらに さまざまな病気の予防に関連することが
近年の研究によって次々に明らかになってきました

vitd23a

血中ビタミンD値が増加すると
色々な病気の発症率が低下します

vitd23b

ビタミンDがこうした特徴を有するのは 前回説明したように

核内受容体のVDRとRXRに結合して転写因子として働き
さまざまな遺伝子の転写制御を行うからです

vitd7

さまざまな病気に関わる遺伝子の発現が変化するため
発症や病態に関与すると考えられています


<病気との関連>

ビタミンDは
さまざまな病気の発症リスクと関連します

@循環器疾患 脳血管疾患

血中ビタミンD値が低いと
循環器疾患の発症リスク・死亡率が高まります

低い人は高い人に比べて
心臓発作 心不全 脳卒中のリスクは2倍以上で
心筋梗塞での死亡率は80%も高くなります

@血圧

血中ビタミンD値が高いと 血圧は低くなります

vitd25

血中ビタミンD値が10%上昇すると
高血圧発症リスクは8%低下するとされ

塩分を控えるより
ビタミンDを摂取した方が有効とさえ言われています

@糖尿病

血中ビタミンD値が低い人は高い人に比べ
糖尿病の発症リスクが40%も高いと報告されています

vitd26

ビタミンDが
膵臓でのインスリン合成を低めたり
肝臓や筋肉でのインスリン抵抗性を誘導したり
高血圧 脂質異常症などの生活習慣病に関与するからと
考えられています

@インフルエンザ

ビタミンDの摂取は
インフルエンザワクチンより予防効果が高いとされ

1日に1000IU・25μg摂取している人の感染率は50%低下し
ワクチン接種による感染率低下より
成績が良いと報告されています

vitd27

@アルツハイマー病 認知症 統合失調症 注意欠陥多動性障害

血中ビタミンD値が高い人は
アルツハイマー病になりにくいとの報告があります

ビタミンDがマクロファージを活性化して
アルツハイマー病の原因となる
アミロイドβタンパクを取り除くためと推察されています

vitd28

血中ビタミンD値が低い人は
認知症 統合失調症 注意欠陥多動性障害の発症リスクも
2倍近く高くなります

@がん

血中ビタミンD値が高いと
結腸がん 食道がん 前立腺がん 膀胱がん
子宮がん 乳がん 卵巣がんなど
さまざまながんの発症率が抑制されます

vitd29

また大腸がん 前立腺がんでは
血中ビタミンD値が高い人は低い人の2倍の生存率があり
化学療法 放射線治療の有効率を高めると報告されています

vitd30


@肥満とビタミンD

肥満だと 
脂肪にビタミンDが溜められて血中に出てこないので
血中ビタミンD値が低下してしまいます

vitd31

また上述したように
ビタミンDの欠乏は肥満や生活習慣病に関与します


こうした多くの病気に対する効果には ビタミンDが有する

*炎症を抑制する種々のタンパク質の遺伝子発現を
 促進する

*免疫反応に関わるNK細胞 マクロファージを
 活発化する

*細胞内シグナル伝達系を活性化する

といった作用が関与すると考えられています


<ビタミンDは足りているか?>

こうした有益な作用を有するビタミンDは
足りているのでしょうか?

@現代人は欠乏している人が意外に多い

特に女性での欠乏が問題になっています

vitd32

*日常生活で日光を浴びる時間が少ない

*日焼け止めの使い過ぎ

*牛乳の摂取量が半減し 摂取量が不足している

といったことが欠乏の原因と考えられています

vitd33

女性は 日焼けによるシミ・そばかすの予防のために
紫外線ブロックに余念がありませんが
ビタミンD不足のリスクを考えると悩ましいところです

厄介なことに ビタミンDの欠乏は
自覚症状がないのでなかなか気がつきません

@日光を浴びるのが 欠乏の一番の解決策

ビタミンDは紫外線により皮膚で合成されるので
しっかりと日光を浴びれば
たとえ食事から摂取しなくても
1日の必要量を得ることができます

夏は20分 冬は30分 日光浴してください
散歩するだけでも充分です

vitd34

日焼けしたくない女性や 
忙しくて日光浴ができない方は
サプリで補給するのも良いでしょう

但し 摂りすぎると
高カルシウム血症になるリスクがありますので
特に腎臓が悪い方はご注意ください

ビタミンDの1日摂取量の上限は
4000IU=100μg とされています

vitd35

サプリに書かれている1日の目安量を
超えないようにしてください

 

高橋医院