では 各ビタミンについて解説していきます

まずは 脂溶性ビタミン から

脂溶性ビタミンは 
A D E K の4種類がありますが
今日は A と D の説明です


<ビタミンA>

@種類

ビタミンAは
植物で生合成されるβ-カロテンが  
小腸で分解されて作られます

vita2

β-カロテンは ニンジンの橙色の色素のもととなる物質です

レチノール レチナール レチノイン酸 の3種類がありますが

vita1

β-カロテンが分解されて出来るのはレチノール
一般的にビタミンAというとレチノールのことを指します

酸化反応により 
レチノール → レチナール → レチノイン酸 に変化します

vita3

@働き

*レチノール

エステル型として肝臓に蓄えられ
生殖 成長 上皮細胞の維持に関与します

*レチナール

ロドプシンという物質の材料になります

vita5

ロドプシンは
暗い状況に順応して目が見えるようになる
視覚の暗順応に関わります

*レチノイン酸

核内受容体であるビタミンA受容体(RAR・RXR)と結合し
転写因子として機能して
細胞の増殖・分化に関わる遺伝子発現の調節を行います

vitm14

それ以外にも

*粘膜 皮膚などを健康な状態に保つ

*免疫力維持 のどや鼻などの粘膜に働いて細菌から体を守る

といった働きもあります

前駆体であるβ-カロテンには 抗酸化作用があります

vita4

@ビタミンAを多く含む食品

β-カロテンは
緑黄色野菜などの植物性食品に多く含まれますが
吸収されにくく 油と一緒に摂ると吸収されやすくなります

一方 レチノールは
レバー うなぎ バター マーガリン チーズ 卵などの
動物性食品に多く含まれます

vita6

日本人は緑黄色野菜からとるビタミンAが最も多く
4割余りを占めています

vita7

@欠乏症

ビタミンAが不足すると
上述した暗順応が起こらないので
暗いところで目が見えなくなってしまう夜盲症がおこります

夜盲症は 現在の日本ではほとんどみられませんが
栄養状態がよくない発展途上国では
子供が失明する重大な原因になっています

また 皮膚 粘膜の乾燥や角質化などが生じるため
細菌やウイルスに対する抵抗力が弱まり
免疫力低下により感染症にかかりやすくなります

子供の骨や歯の成長障害も起こります

@過剰症

肝臓に貯蔵されますから
過剰になると肝障害をおこすおそれがあります

普通の食事からは 摂り過ぎる心配はありませんが
サプリメントやビタミン剤を摂取する場合は
過剰にならないよう注意が必要です

また 妊娠期または妊娠を希望する女性での過剰摂取は
胎児への悪影響が報告されているため要注意です


<ビタミンD>

@体内で合成・活性化されます

ビタミンDが他のビタミンと異なり特徴的なのは
皮膚で合成されることです

vitd2


*合成

皮膚で
コレステロールを原料に作られたプロビタミンD3から 
紫外線の作用で合成されます

vitd1

*活性化

ビタミンDが作用を発揮するには
体内で活性型に変換される必要があります

まず肝臓で 25位が水酸化されて 25(OH)Dに変換され
ついで腎臓で 1α位が水酸化されて 1α25(OH)2Dになり

活性型ビタミンD3になります




@働き

*血中カルシウム濃度の調節

血中カルシウム濃度を一定に維持する作用があります

血中カルシウムが不足すると ビタミンDの働きにより

・小腸でのカルシウム吸収

・骨からのカルシウム遊離・溶出

・腎臓でのカルシウムとリンの再吸収

が促進され 血中カルシウム濃度が保たれ丈夫な骨が造られます

vitd3

ちなみに カルシウム濃度の調節にはビタミンD以外に

・副甲状腺が分泌するPTH(副甲状腺ホルモン)

・甲状腺が分泌するカルシトニン 

が関与します

vitd11
vitd6


PTH・副甲状腺ホルモン
カルシウム不足時に副甲状腺から分泌され
上記の機能を促進して 血中カルシウム濃度を増加させます

vitd4

カルシトニン
カルシウム上昇時に甲状腺から分泌され
カルシウムを骨に送り造骨を促進し 血中カルシウム濃度を低下させます

また カルシトニンはPTHの分泌を抑制します

vitd5

*遺伝子の転写制御

ビタミンDのもうひとつの重要な働きは
さまざまな遺伝子の転写制御を行うことです

ビタミンDは受容体のVDRと結合しますが
VDRは核内受容体なので ビタミンDは転写因子として働き


その遺伝子発現制御を介して
50種類以上のタンパク質の合成に関わっています

興味深いことに
VDRは上述したビタミンA受容体のRXRと二量体を形成して
機能を発揮します 

vitd7

@どんな食物に多く含まれるか

ビタミンDを豊富に含む食品は比較的限られており
魚介類 卵類 きのこ類などがその中心です

魚介類には
塩さけ100g中に23μg しらす干し100g中に46μgと
豊富に含まれています

vitd8

@欠乏症

紫外線作用で体内で作られるので
適度に日にあたっていれば欠乏症にはなりません

日照が足りなかったり
食事からの摂取が不充分で欠乏症になると
くる病 骨軟化症 骨粗鬆症が起こります

カルシウムの吸収 再吸収が不充分になるので
骨や歯の形成が上手くいかず
そうした病気を発症してしまいます

vitd10

@過剰症

高カルシウム血症 腎障害 軟組織の石灰化
などをまねくおそれがあります

通常の食事を摂っていて過剰症になることは
ほとんどありませんが

サプリメントなどを服用している場合は
過剰に摂取しないよう注意が必要です

 

高橋医院