脂溶性ビタミンの続きで
今日は ビタミンE ビタミンKの解説です

<ビタミンE>

@トコフェノール

ビタミンE作用をするトコフェロールは
数種類ありますが(α β γ δ)
広く天然に存在し最も作用の強いのは
α-トコフェロールです

vite1

@働き

抗酸化物質として働くのが いちばんのポイントです

生体膜を構成するリン脂質のなかの多価飽和脂肪酸
酸化ストレスにより過酸化脂質に変化する反応を抑制して
脂質を酸化から守ります

vite2a
vite2b

また リポタンパク中に存在して
LDLコレステロールの酸化を抑制して
動脈硬化を防ぎます

vite2c

こうした体内の脂質の酸化を防ぐ作用により
生活習慣病や老化と関連する疾患の予防が
期待されています

抗酸化作用は ビタミンCと協調して起こります

抗酸化作用をはたし酸化型になったビタミンEは
ビタミンCの作用により
再び抗酸化作用を持つ還元型に再生されるのです

vite4

ですから ビタミンEとビタミンCは
一緒に摂取するとより効果的です

vite5

また 血行の促進作用も有しています

@ビタミンEを多く含む食品

アーモンドなどのナッツ類 植物油
うなぎ たらこをはじめとした魚介類
西洋かぼちゃ アボカド

vite6

などに多く含まれています

@上手にとるコツ

ビタミンEは ビタミンC ビタミンAとともに
ビタミンACE(エース)とも呼ばれ

抗酸化作用を持つ代表的な栄養成分です

ビタミンEとビタミンAは 細胞膜

ビタミンCは 体液中

それぞれの持ち場で
活性酸素による弊害から体を守っています

vite7

このため 緑黄色野菜を植物油で炒めるなどして
それぞれを豊富に含む食品を一緒に摂ると
より効果的です

@欠乏症

ビタミンEが不足すると
細胞膜の脂質が酸化され損傷され
感覚障害や神経症状がみられることがあります

未熟児では
赤血球が壊れて起こる溶血性貧血が知られています

@過剰症

過剰症では出血傾向になるので
サプリメントや薬などからの過剰摂取には
注意が必要です

しかし
日常の食生活ではとり過ぎになる心配はほとんどなく
むしろ積極的にとりたい栄養素のひとつとされています


<ビタミンK>

@種類

vitk01

*緑葉野菜から摂取する ビタミンK1(フイロキノン)

体内の腸内細菌や組織でつくられた
 ビタミンK2(メナキノン)

vitk01a

の2種類があります

@働き

*補酵素として 血液凝固を促進します

ケガなどで出血したら
体内ではそれを止める凝固・止血反応が起こります

この反応では
多くの凝固因子が次々と連続して活性化され
カスケード反応が起こり
最終的に血液凝固して止血します

この反応を活性化するのが ビタミンKです

まず 血液凝固に関わる凝固因子のⅦ Ⅸ Ⅹ
合成・活性化をサポートします

vitk03

ついで
最終的に止血に関わる凝固Ⅱ因子(プロトロンビン)
合成・活性化します

vitk04

医学生の頃 このあたりは覚えるのが大変で

ビタミンKは納豆に豊富に存在していて
ビタミンKがないと合成できない血液凝固因子は
”ニクナットウ(2・9・7・10)”と
語呂合わせで覚えました

今でも医学生さんは
ニクナットウ と言ってるのかな?(笑)

ところで 心筋梗塞や脳梗塞は
血管内で血液が凝固して血栓を作るために
血流が途絶えてしまい起きる病気です

ですから 予防のために血液凝固を防ぐために
(サラサラにするという表現がよく使われますが)
ワーファリンという薬を使用します

このワーファリンは
ビタミンKの働きを阻害して
血液凝固を起こさせないようにします

vitk09

*補酵素として 骨の健康維持にも関わります

骨を造る骨芽細胞内にあるオステオカルシンを活性化し
骨形成を促します

vitk05

活性型ビタミンK(還元型)が
オステオカルシンのグルタミン酸残基のカルボキシル化反応を
補酵素として活性化し

カルボキシル化したオステオカルシンが
カルシウムを骨に沈着させます

vitk06

このため
ビタミンKは骨粗しょう症の治療薬としても使われています

*血管の健康にも役立っています

@ビタミンKを多く含む食品

納豆に非常に多く
1パック(40g)には240μgも含まれています

こまつ菜やほうれん草などの緑黄色野菜にも
多く含まれています

vitk08

上述したワーファリンを飲んでいる⼈は
日常の食生活で納豆や青汁などを避けるように
指導されますが

これは納豆に豊富なビタミンKが
ワーファリンの効き弱めてしまうからです

vitk11

@欠乏症

ビタミンKは腸内細菌によってもつくられますし
いろいろな緑黄色野菜に多く含まれるため
通常の場合は 不足する心配はほとんどありません

但し 抗生剤を長期間飲み続けている人では
体内の腸内細菌からの供給が不十分になるため
不足する場合があります

@過剰症

通常の食生活では 過剰症の報告はされていません

 

 

高橋医院