多量ミネラルの 
カリウム クロール(塩素)について説明します

<カリウム>

@体内動態

体重1Kgあたり2g存在していて

ナトリウムと反対に細胞内液に多く存在し
その98%は細胞内液と骨にあり
細胞外液にあるのは2%だけです

k01

@Na/K ATPase

細胞内に高濃度のカリウムを維持するため
細胞膜にはNa/K ATPaseというポンプが存在し働いています

k02

このポンプが働くには ATPによるエネルギーが必要で
そのため「能動輸送」と呼ばれています

それだけ このポンプの働きが生体にとって重要ということです

Na/K ATPaseにより
細胞内のナトリウムを3個 細胞外に出し
細胞外のカリウムを2個 細胞内に取り込みます

こうして細胞内の陽イオンがひとつ減るので
通常の細胞内はマイナスに荷電している状態になります
(膜電位の形成

k03

そして ナトリウムの項で説明したように
さまざまな刺激により細胞内にナトリウムが流入してくると
細胞内の荷電状態がプラスに変化し
活動電位が生じて 種々の細胞機能が発現されます

k04

ちなみに 後述するマグネシウム
Na/Kポンプを活性化して
カリウムの細胞内への取込みを促進します

k05

@働き

*神経 筋の興奮

神経 筋が興奮するときは
上述したように刺激によりナトリウムが細胞内に流入し
カリウムが流出します

こうして細胞内に活動電位が発生し
この電位差により隣接する細胞に興奮が伝達されます

*ナトリウムの再吸収に拮抗します

カリウムは 尿細管でのナトリウム再吸収を抑制します

その 結果ナトリウムの尿中排泄量が増え
血中ナトリウム量が減り
浸透圧の作用により細胞外液量が減るので 血圧が低下します

最近は 
高血圧症の患者さんがカリウムを摂取すると
血圧が低下することも報告されています

k06

@不整脈との関係

血中カリウムが高くても低くても 致死的な不整脈が起こるので
特に腎機能障害がある方は
カリウムの摂りすぎや摂取不足には注意が必要です

k07

@カリウムが多く含まれる食品

バナナ 柑橘系 トマト ジャガイモ などです

k08

<クロール Cl>

@体内での動態

*クロールはマイナスに荷電していますから
 体内ではプラスに荷電しているナトリウムや水素など(陽性元素)や
 その分子団と結合しています

cl01

*主に細胞外液(血液中)に存在していて
 (細胞外液に70% 細胞内液に30%)

 血液中に存在する陰イオンで いちばん多い成分です

 2番目に多い陰イオンは 重炭酸イオン・HCO3です

cl02

@役割

cl03a

cl03


*酸・塩基平衡の維持に貢献しています

血液のpHを
円滑な生命活動が起こりやすいpH7.3ほどの
弱アルカリ性に維持することは
体にとって非常に重要なことです

体内を酸性にする水素イオン・H+
血液内でクロールまたはHCO3と結合します

クロール HCO3は
酸性を弱める塩基性の性質を有する代表的な物質ですが

塩基性の度合いは クロールが弱く HCO3が強い

そこで H+イオンが

塩基性が弱いクロールと結合すると
強い酸性のHCLとなり

塩基性が強いHCO3と結合すると
弱い酸性のH2CO3になります

つまり血液中で
クロールが増えると HCLが増え血液は酸性になり
HCO3が増えると H2CO3が増えてアルカリ性になるのです

繰り返しになりますが
体内をちょうど良いpH状態に維持すること
酸・塩基平衡の維持は
大変重要なので

ヒトの体はクロールとHCO3の比率を調整することで
血液中のpHを一定に維持するシステムが活躍しています

cl04

*ナトリウムとともに 浸透圧の維持にも貢献しています

*胃では 壁細胞から分泌されて胃酸の成分になり
 胃の中を強い酸性にします

cl05

 

 

高橋医院