日本の伝統文化は 現状のままで良いのか?

かなり前のことになりますが
そんな興味深い記事を ニューズウィークで読みました

sdsm01

茶道に関する問題提起の記事では

まず 茶道の文化としてのユニークさを讃えます

日本文化の多くが
自己と向き合って深め
ひとつのことを極めようとするのに対し

茶道は総合芸術的な面が強く
書道 香道 懐石 和菓子 焼きもの 漆器などの
さまざまな要素が
茶室という空間に集っていて楽しめる

sdsm02

また茶道の魂は 人との交流 サロンを作ること

季節性や客の個性など 
その時々に応じた最適の場所を作るために
上述したさまざまな要素を吟味するという
これも日本文化としては珍しい側面を有している

sdsm03

しかし そんなユニークな文化である茶道が
現在は単純にマニュアル化してしまい 
根本の精神を忘れている

と 厳しく指摘します

茶道が 利休以来のもてなしの魂を失ってしまったのは
明治維新 第二次大戦の影響が大きく

それらを契機に
上流階級の趣味であった茶道が大衆化したことから
マニュアル化 お稽古化が進み

魂を忘れたマニュアル作法に終始する作業になってしまった

と分析します

sdsm04

なるほどねえ

茶道が総合芸術である という認識はありませんでしたし

茶道人口の増加や 流派の系統化が
過度の流儀のマニュアル化を生んでいるということも
考えたことすらありませんでした

へえー と思いましたよ!

まあ 確かに日本人は
何かにつけてマニュアル化して身につけるのが得意ですが

それは往々にして
”形”を身につけることにばかり注意がいってしまい
根本にある”精神的なもの”を ないがしろにするというか 
忘れさせてしまう

そうした傾向があることは否めなくて
茶道に限らず多くの分野で言えることなのでしょう

耳が痛いです(苦笑)

この記事を書かれたのは
茶道に親しむ在留外国人の方ですが

そうした立場にある方が有しておられるのであろう
日本文化に対する いわば”外からの視点”は
中にいる日本人が気づかない問題点をしっかりと指摘されるので
ユニークで勉強になります


モンゴル出身で
日本の大学で文化人類学を教えておられる方が書かれた
相撲に関する問題提起は もう少しシンプルでしたが

これも面白かった

sdsm05

相撲“道”で求められる品格 とは何か?

という問いから 品格論に話を転じながら語られます

そもそも品格という言葉自体が
90年代以降の 経済停滞により進むべき方向を見失った頃から
やたらと言われるようになったのではないか

と 指摘されます

sdsm06

特に一時期喧伝された「女性の品格」は

女性の社会進出が進み
古いしきたりや縛りが意味を持たなくなった時代に
困った男性から発せられた”苦渋の保守の声”ではないのか?

面白いご指摘ですね!

sdsm07

品格のある女性 というのは
変化を受入れられない 旧態依然とした頭の持ち主の男性が
理想とする幻想にすぎず

古いしきたりにとらわれない現代の女性の方が
相撲の品格など気にせず
相撲を楽しく観戦しているではないか

相撲と女性 確かに大きな社会的話題になりましたね

でも 文化としての性差別なんて
所詮は男性社会が作りだしたものに過ぎないじゃないか?

ということでしょうか(笑)


そして「国家の品格」という品格も

明治以降 欧米化を極端に進めた姿勢や結果を反省しよう
という思想の持主たちが興したものに過ぎず
それは危険なナショナリズムの土壌になりかねない

と指摘されます

sdsm08

品格という 格調高さが香る言葉に潜む 
恣意性や危うさにご注意あれ

sdsm09

相撲に関する問題提起が
そんな一般論にまで昇華されていて
とても面白くインスパイアされた記事でした

お笑いについては 次回ご紹介します

 

高橋医院