土曜朝にパリから飛びこんできたニュースには 本当にびっくりしました

夜には日本のニュースを見たあと
ずっとBBCやCNNのライブを見ていました

pari1
paris2

悲惨なテロ事件が起こったパリのあの通りは
新オペラ座があるバスチーユ広場から北に伸びる レストランの多い通りで
書き手も昔 広場から眺めたことがあります

パリのど真ん中で しかも1月のシャルリ・エブド編集部の襲撃テロに続いて 
もっと大規模で痛ましいテロ事件が起きてしまうなんて 信じられません

不適切な表現かもしれませんが ドラマや映画のシーンであってほしい
そんな気がしました

今回の事件で亡くなられた方々の ご冥福をお祈りしたいと思います

pari3

1月にやはりパリで起きたシャルリ・エブド編集部襲撃テロのとき
書き手がいちばん印象的だったのは
事件数日後に行われた 370万人もの人が参加した抗議デモでした

parijan

普段は 半ば眉をしかめてシャルリ・エブドの記事を眺めていた人達ですら
表現の自由を守るために 街に出て連帯して意思表示をする

parijan2

こうした光景を目にして
言葉を 自由を 大切にするフランスの人々ならではの
さすがの行動で ちょっと圧倒されたというか 羨ましいというか
日本ではこうした光景を見ることはないのだろうと思いました

しかし不幸にして そのフランスで パリで またテロが起こってしまう

ptrrro

書き手は ふたつのことを思いました

ひとつは イスラム国(IS)は 
今後 どのように世界に影響を及ぼしていくのだろうという不安

もうひとつは どうしてまたパリが 
テロの標的として選ばれたのかという疑問

ちょうど最近 とあるオタク雑誌に載っていたISに関する論文と
あの佐藤優さんと中東・イスラム歴史学者の山内昌之さんの対談本を
並行して読んでいたのですが
(この本はとても面白かったので またブログで紹介したいと思いますが)

それらを読んで そして今回のショッキングな事件の報に接して

はたして ISの活動を中東だけに抑え留めることができるのか
それとも 
独りよがりの傾向がとても強く見える 彼等が指揮する冷酷な暴力革命が
世界に発信されて 伝染病のように拡散していってしまうのか

今後はこの点が 非常に重要なポイントになると思いました
注意深く見守っていく必要があると感じます

今回の事件が拡散のきっかけだったと
後年 振り返られるようなことがなければいいのですが、、

もし拡散していったら
イスラム・スンナ派の信者が多いウイグルやインドネシアでも
同じようなテロが起こるリスクがあり 
火の粉がアジアに飛んでくるかもしれない

日曜朝のニュースで危機管理の専門家の方が言われていましたが
今後 ラグビーワールドカップやオリンピックといった
世界的イベントの開催が予定されている東京も

テロリストが目的とするプロパガンダのためには
格好のターゲットになり得るリスクがある

terro

テロって 遠く離れた中東や欧米で起こるもので 日本は無関係という認識が
呑気な書き手にはありましたが
うーん 今後の状況によっては他人ごとではないのかもと
不安な気持ちも感じました

もう1点 どうしてまたパリがターゲットになったのか という疑問

ISは フランスのシリア空爆開始への報復と声明を出したようですが
もちろん そうしたことはベースにあるのでしょうが
書き手は フランスならではのリスク要因があるように感じます

フランスはヨーロッパ諸国のなかで 
いちばん大きなアラブ人コミュニティーを抱えているそうですが

宗教を公共の場に持ち込ませない意識が非常に強い
社会文化だと聞いたことがあります

政教分離が徹底されている

公の場でのイスラムの女性のブルカ(ベール)着用が禁止されて
いっとき話題になりましたが

イスラムのブルカだけが禁止されているのではなく
キリスト教のロザリオを公の場で身につけることも禁止されているそうで

それを聞いたとき 書き手はびっくりして
華やかに見えるフランス文化を裏で支えている
厳しさのようなものを感じました

でもそれは
ISが掲げている宗教的排他主義とは完全に相容れないでしょうし

さらにフランスに住むアラブ系の人達の生活環境は厳しいようで
テロが起こり得る素地は充分にある

fraarab

書き手は フランスには「理の国」というイメージがあって
リスペクトすべき点が多いと思っています

今回の事件を伝えるTV映像で
襲撃されたお店に献花をしていたおばあさんが
「自由 平等 博愛」と 泣きながらつぶやいていたシーンが
とても印象的でした

でも その「理の国」の特性がゆえに
文化の面でも 政策の面でも 

フランス社会が抱える解決すべき問題の根は あまりにも深いように思います

これからの世界は どうなっていくのだろう、、、

書き手は 柄にもなく そんなことに思いをめぐらして週末を過ごしました

ということで 今日は急遽 珍しくシリアスなブログになりました

今日アップ予定だった いつものおちゃらけたブログは
明日に順延になりますので お楽しみに?(苦笑)

 

高橋医院