喫煙は さまざまな病気を発症させ 健康に悪影響を及ぼします

<がん>

タバコの煙に含まれている発がん物質のため
喫煙者では非喫煙者に比べて がんがより多く発生します

喫煙に関連するがんとして

肺がん 口腔がん 咽頭がん 鼻腔・副鼻腔がん 喉頭がん
食道がん 胃がん 膵臓がん 肝臓がん 腎・尿路・膀胱がん
子宮頸がん 骨髄性白血病

などが挙げられています

tbk31

男性では 咽頭がんリスクは なんと32.5倍にもなります

タバコの煙が直接 肺に入っていくので 肺がん がやはり多く

*喫煙者は非喫煙者に比較し 数倍から10 数倍も多く肺がんが発生する
*男性では4.5倍 女性では2.3倍 肺がんで死亡するリスクが高い
*喫煙開始年齢が低ければ低いほど 肺がんの発生リスクが高くなる

ことが 明らかにされています

tbk32

しかし 喫煙をやめることにより
発生リスクは非喫煙者のレベルに近づき
喫煙量が少ない者ほど 早くリスクが減るとされています

<心臓・脳卒中・血管疾患>

タバコの煙に含まれるニコチンは
副腎皮質を刺激してカテコラミンを遊離し 交感神経系を刺激して
末梢血管の収縮と血圧上昇 心拍数の増加をきたします

また 強力な血管収縮および気管支収縮作用がある
トロンボキサンA2の遊離作用も有しています

さらに タバコ主流煙には 一酸化炭素が4%程度含まれており
血液中のヘモグロビンと強固に結合して(酸素の約250倍)
慢性の酸素欠乏状態を引き起こします

また タバコ煙はコレステロールの変性を促進し
血管内皮を障害するとともに
HDLコレステロールを減少させ 動脈硬化を促進させます

こうした機序により 喫煙者では 循環器疾患のリスクが増大するのです

一日喫煙量が多いほど
心筋梗塞などの冠動脈疾患死亡リスクが高くなります

一日20 本以内の男性喫煙者の
心疾患死亡率(年齢調整)の相対危険度は4.2 倍

20 本を越える場合には7.4 倍

tbk33

この傾向は 喫煙開始年齢が早いほど増大するため
若年で喫煙を始めた場合
壮年期になってからの健康への影響は深刻となることが予測されます

しかし 喫煙による冠動脈疾患の相対危険度は
喫煙をやめることにより減少・消失します

tbk35

また 喫煙による冠動脈疾患リスク上昇は 男性より女性で25%高く

タバコ煙が
女性に対してより強力な有害物質として作用している可能性が
示唆されています

脳卒中の発症リスクは
男女とも一日喫煙量が多いほど増加しますが

こちらも 禁煙により相対危険度は減少・消失します

tbk36

さらに 腹部大動脈瘤の発症頻度を増加させ
大動脈瘤径の増大 破裂および死亡の危険因子となります

閉塞性動脈硬化症の主要な危険因子でもあり
特にバージャー病の強い発症および悪化要因で
患者さんのほとんどは喫煙者です

<呼吸器疾患>

喫煙者の末梢気道では
炎症や萎縮 杯細胞化生 粘液栓 平滑筋肥大 細気管支周囲の線維化等の
形態学的な変化がみられます

また 肺の内部では 肺胞の破壊 小動脈数の減少等がみられます

喫煙は 呼吸器の機能にも悪影響を及ぼします

人は加齢とともに肺の働きが低下しますが
喫煙者ではそれがより急速で
呼吸機能(ガス交換)と非呼吸機能(防御機能 代謝機能)が劣化して
気道の閉塞に至ります

喫煙の影響を受ける代表的な呼吸器疾患が
慢性閉塞性肺疾患(COPD)

喫煙者のすべてがCOPDを発症するわけではありませんが
喫煙は本疾患発症リスクの80~90%を占めるとされています

tbk37

COPD以外にも
気管支喘息 特発性間質性肺炎 
睡眠時無呼吸症候群 急性好酸球性肺炎などが
喫煙により発症しやすくさせ 病態を悪化させます

自然気胸は 80%は喫煙が関連していると考えられています

<生活習慣病>

喫煙は 生活習慣病にも関与します!

生活習慣病患者では
喫煙により虚血性心疾患の発症率が飛躍的に高まります

喫煙していると

糖尿病では 5.2倍
高血圧 脂質異常症では 2倍
糖尿病 高血圧の両方があると 13倍も

リスクが高まります

tbk38

また 喫煙は 生活習慣病そのものの発症にも関連していて

*喫煙により 善玉コレステロールのHDLが減少する

*思春期に喫煙していると メタボになりやすい
*喫煙本数が多いと メタボになりやすい

tbk40
*喫煙本数が多いほど 糖尿病になりやすくなり
腎症の発症や悪化がみられる

tbk39

といったことが明らかにされています

<その他の疾患>

ニコチンによる腸粘膜の血流障害などのため
胃・十二指腸潰瘍 慢性胃炎 クローン病などの
消化器疾患に罹りやすくなります

骨粗しょう症

ホルモン異常 とくに女性における更年期の早期発来
もみられます

聴力障害や白内障の頻度も高くなり
老化に伴う脳萎縮も高度になりますが
ニコチンなどが動脈硬化を誘発・悪化させていると考えられます

うつ病にもなりやすく 発症リスクは5~15倍にも上昇しています

tbk43

こうした喫煙による健康障害のほとんどは 極めて徐々に進行するため
初期段階は目に見えず危険性を自覚できないだけに厄介です

 

高橋医院