花粉症 蕁麻疹 気管支喘息 アトピー性皮膚炎 

などなど
アレルギーを原因とする病気で悩まれる患者さんは
とてもたくさんおられます

そこで今日からアレルギーの解説を始めます


<アレルギーとは?>

@そもそも アレルギーとは何なのでしょう?

アレルギーを起こす物質(アレルゲン)に反応して
これを体内から除こうとして過剰な免疫反応をしてしまうこと

これが アレルギーの本態です

alle01

体にとって有害な物質を除くことは必要な反応ですが
その反応が過剰になると
症状が強く日常生活に支障が出てしまいます

そしてアレルギーを起こすアレルゲンは
花粉 食物 薬剤など体にとって無害なものなのに
過剰な反応により体に有害な反応が起こってしまうのです

全く困った状態です

alle02

@遺伝 環境要因の両方が関与します

アレルギーの発症には
遺伝要因 環境要因 の両方が関与します

生活習慣 食生活 住環境などの環境要因が
アレルギーの発症・増悪に大きな影響を及ぼすのに対し

人によって異なる反応の程度の差異には
遺伝要因が関わっています

alle03

 

@アレルギー反応は体のいたるところで生じます

こうしたアレルギー反応が
何によって起こり 体のどの部分に症状が出るかで 病名が決まります

気管支でアレルギーの反応が出て 気管支が狭くなると
 咳や呼吸がゼイゼイするという症状が出ますが

 これが 気管支喘息

alle04

*花粉で
 くしゃみ 鼻水 鼻づまり 目のかゆみが出てくると 
 花粉症

alle05

といった具合です

<アレルギーが原因となる病気>

@喘息

*上述したように 肺を構成する気管支でアレルギー反応が起こるため
気道に慢性的な炎症が起こり
その狭窄による喘鳴 呼吸困難や咳などが起こる

子どもでも大人でもみられる代表的なアレルギー疾患で
さまざまな原因物質が存在します

@アレルギー性鼻炎

花粉 ダニなどがアレルゲンとなり 鼻粘膜でアレルギー反応が起こり
くしゃみ 鼻水 鼻閉 などの症状が現れる病気です

*原因となるアレルゲンにより

・スギやヒノキの花粉
 が原因となる 季節性

・ハウスダスト(ダニ 食物片 ペットの毛やフケ)
 が原因となる通年性

に分けられます

*近年の患者数増加が著しく
 罹患率は 1998年に16.2% 2008年は26.5%と 10%も増え
 特に小児での増加が著明です

*スギ花粉量の増加や 生活様式 環境の変化が関与しています


@アレルギー性結膜疾患

眼の結膜でアレルギー反応が起こる病気で
 アレルギー性結膜炎がその代表で

 眼のかゆみ ごろごろするような異物感 
 眼脂などの症状を認めます

*花粉などのアレルゲンが原因の
 アレルギー性結膜炎(季節性 通年性)

 アトピー性皮膚炎に合併する
 アトピー性角結膜炎

 コンタクトレンズなどの機械的刺激により起こる
 巨大乳頭結膜炎

などがあります

alle06

@アトピー性 接触性などの皮膚炎

*主に小児に認められる
 皮膚でアレルギー反応が起こる病気で
 増悪・寛解を繰り返す痒みをともなう湿疹が特徴的です

*加齢とともに減少し
 10歳頃には自然に軽快することが多いのですが
 10代後半から再発したリ
 65歳以上の高齢者で認められるケースもあります

食物 発汗などの物理的刺激 吸入アレルゲンなどが
 アレルゲンと考えられ
 感染やストレスが病態を修飾します

*ベースには 皮膚のバリア機構の異常が存在する
 と考えられています

接触皮膚炎
 外用薬 化粧品 光刺激などで
 アレルギー反応が起こる病気です

alle07

@蕁麻疹

*さまざまな原因で 皮膚で生じたアレルギー反応により
 皮膚に 膨疹 紅斑 かゆみ が生じる病気です

4週以内に軽快する急性
 それ以上持続する慢性 
 に分かれます

*日光 寒冷刺激 機械的刺激 発汗 圧迫などの
 非アレルギー性の物理的刺激で生じる蕁麻疹もあり
 慢性化しやすい傾向があります

*ストレスや感染で悪化することが少なくありません

alle08


@食物アレルギー

*子供で大変大きな問題になる病気ですが
 20歳以上の成人例も9%ほど認めます

鶏卵 牛乳 小麦 が
 全体の2/3を占める原因アレルゲンです

alle09

 

@薬物アレルギー

薬物の服用によりアレルギー反応が生じる病気です

*原因薬物としては
 非ステロイド性抗炎症薬(NSAID)抗菌剤
 などが代表的です

alle10

@アナフィラキシー

皮膚 粘膜 呼吸器 消化器など全身諸臓器で
 アレルギー反応が起こり
 生命に危機を与えうる過敏反応です

*血圧低下 意識障害が起こると
 重篤な病態のアナフィラキシーショックになります

*幼児 学童に多く認められます

食物 ラテックス 一部の医薬品などが
 アレルゲンと考えられますが
 運動 低温 高温 日光などの刺激でも
 起こることがあります

alle11

こうした病気が代表的なアレルギー疾患です

 

高橋医院