今年のノーベル医学生理学賞を
本庶先生が受賞されたことは紹介しましたが

その授賞式 ノーベル財団のHPのライブ配信で見てしまいました

npc1800a

書き手は大学院で免疫をかじっていましたし
一応専門としているのは肝臓の自己免疫疾患ですから
免疫には浅からぬ思い入れがあります

それに ノーベル賞の授賞式に参加したこともあるのですよ

ノーベル医学生理学賞を選考するのは
スウエーデンのストックホルムにあるカロリンスカ研究所ですが

書き手は若い頃に博士研究員として
ここの免疫学教室に留学していまして

npc1800

年授賞式のチケットにはカロリンスカ留学生ワクがあって
1992年にボスがそのチケットをくれたのですよ

で 授賞式が行われるコンサートホールの
確か三階のいちばん末席から
こんなビューで遠くから眺めていたのを憶えています(笑)

npc1801a

このテーブルに並べられているのが
ノーベル賞のメダルと賞状

npc1802

ロイヤルファミリーが到着されて
いよいよ式が始まります

npc1803

ちなみに 国王のカール・グスタフ16世

公式業務をするより
農場で働いている方が好きだという庶民派ですが

レズビアンバーに行ったかもしれないスキャンダルが発覚した
ちょっと違った意味での庶民派でもあります(笑)

さて 受賞者の入場

npc1804

先導するのはスウエーデンの女子学生ですが
かぶっている水兵帽のような白い帽子は
学生さんのオフィシャルな装いで
学校の卒業式などでも着用されます

受賞者の皆さん

npr1805

本庶先生は紋付き袴の和装で 格好良いですね!

画面を見ていたら 懐かしいお顔を発見

npr1806

プロスタグランジンを発見したサミュエルソン先生
ご自身もノーベル賞受賞者で
書き手が留学していた頃 カロリンスカの総長さんでした

まだご存命だったのですね

そしてもうひとり 懐かしいお顔

npr1807

医学生理学賞の業績を紹介した クラウス・カレ先生
(左にあるのはノーベルの胸像)

彼は書き手が留学していた頃 すぐ隣の建物で
ジョージ・クライン先生という
NK細胞という免疫細胞の研究で世界をリードしていた大家のラボの
若き大番頭さんをしていて 何度か話したこともありました

ずいぶん 太っちゃったな(笑)

そのクラウスのスウエーデン語による説明を
王室ファミリーは熱心に聞かれています

npr1808

そして 自らの業績を誇らしげに聞かれる本庶先生

npr1809

グスタフ国王から直々にメダルと賞状を渡され
さすがに嬉しそうですね

npr1810

でも 本庶先生らしい目力もありました


さてクラウスの受賞功績の説明では
面白い計らいが織り込まれていました

T細胞が腫瘍細胞を攻撃しようとするが
腫瘍細胞がブレーキをかけるので上手くいかなくて
まるでピアニシモのような成果しかあげられない

ここでオケのバイオリンが
もの哀し気にワンフレーズ演奏します

npr1811

しかし
本庶先生たちが発見したチェックポイント阻害治療により
T細胞は一気に腫瘍をやっつけることができる
まるでフォルテシモのような効果が得られるようになった

そして今度は フルオーケストラが高らかに奏でます

npr1812
npr1813

クラウス まるで指揮者のようにノリノリ!(笑)

npr1814

緊張気味の本庶先生たちも 微笑んでおられました

npr1815

この様子は動画でご覧ください

で このあと 市庁舎に場所を移して晩餐会ですが
さすがにこちらの方までは
書き手は招待されませんでした

npr1816

でも
晩餐会にも行ってみたかったなとラボの仲間に話したら

いや~ 狭いし料理もまずいから
テレビで見ていた方が良いよと言われました

料理は 前菜 主菜 デザートの3皿だけで

どれくらい美味しいかと言うと
参加した受賞者のお孫さんがテレビのインタビューで
何がいちばん美味しかった?と聞かれ
間髪入れずに デザート! と答えたほどだそうです(笑)


ちなみに授賞式では
末席の参加者でもドレスコードを求められ

npr1818

男性は ホワイトタイにテール(燕尾服)でした

npr1819

書き手も貸衣装さんに行って
馬子にも衣裳しましたよ(苦笑)

さて
最後に授賞式の最後に演奏されたスウエーデン国歌
動画でご紹介します

スウエーデンの国歌を初めて聞く方も多いのでは?

書き手は
なんだか懐かしい気持ちになってしまいました(笑)

 

高橋医院