糖尿病肥満を指摘されて当院を受診される患者さんに
日常の食生活のパターンをうかがうと

夜遅くに ヘビーな食事をされていることが多い


それが いちばん太る原因なのですよ!

と 忠告することになるのですが

でも先生 どうして夜遅く食べると 太るのですか?

そんな具合に切り返されたら どうしましょう?(笑)

患者さんからの そうした的をついた質問に
きちんとわかりやすく解答するためには
時間栄養学の知識を得ておく必要があります

時間栄養学 ってなんだ?

jeg01

多くの読み手の方は 初めて聞かれる言葉だと思いますし
お医者さんでも 知らない方もおられるかも?

今日からしばらく そんな未知の世界をご紹介しようと思います

さて 時間栄養学の専門家が書かれた総説等を読むと

これまでの栄養学のポイントは 
何をどれだけ食べるか だったけれど

これから大切なのは 何を いつ食べるか である

といったことが 必ず書かれています

*朝食を食べないと どうして健康に良くないのか?

*夜遅くに食べると どうして太るのか?

*朝食 昼食 夕食で
 それぞれ どんなものを食べると良いのか?

時間栄養学では そうしたことを明らかにしていきます

こうした分野の研究が発展してきたのは
ヒトや動物の体内には 体内時計が存在していて
睡眠のみならず さまざまな体の機能が 24時間周期で変動していることが
明らかにされたからです

昨年度 ノーベル賞が贈られた研究により
Bmal1 / Clock Period / Cryptochrome という
4種類・2組の遺伝子の働きにより

日内変動 サーカディアンリズムが形成されることが示されました

jeg02

この点については 以前に説明しましたので参考にしてください

重要なポイントは

日内変動をつかさどる遺伝子が
糖や脂質の代謝をつかさどる酵素の働きにも  影響を及ぼしていることです

jeg03

つまり 糖や脂質の代謝にも
睡眠と同じような 日内変動があるのです

だから 同じ食物 栄養素でも
朝食べるのと 昼食べるのと 夜食べるのでは
代謝のされ方が異なってくる

夜遅く食べると太る理由は このあたりの事情から説明できます

ちょっと 興味深いでしょう?
次回 詳しく説明します

さらに興味深いのは

摂取する食物 栄養素の違いによって 
体の日内変動に影響が出てくる

jeg04

たとえば
脂物ばかりたくさん食べると  サーカディアンリズムがずれてくる

また 食事をする時間によっても 体の日内変動に影響が出てくる

jeg05

朝食を食べないと なぜ健康に悪いかは
このあたりの事情で説明できます

この点については 次々回 詳しく説明します

このように

日内変動・サーカディアンリズム と 栄養素の代謝 は
互いに影響を及ぼし合っているのです

こうしたことが明らかになったことで
時間栄養学のフィールドが深まってきました

jeg06

そして
肥満 糖尿病 高血圧 脂質異常症といった生活習慣病では
日内変動 サーカディアンリズムと栄養素の代謝の相互関連に
さまざまな異常が生じていることも 明らかにされつつあります

だから そこの是正により 病気が改善する可能性がある

そのためには 1日3食の食事を
いつ食べて どんなものを食べるようにすればいいのか?

そうしたことについても 詳しく説明していきます

どうです 興味が湧いてきたでしょう?(笑)

 

高橋医院