今日は 糖尿病性腎症 の説明をします

tgs01

<糖尿病性腎症とは?>

神経障害 網膜症と並ぶ 糖尿病の細小血管症の三大合併症のひとつで
糖尿病発症後10~15年を経過する頃から認められ
糖尿病の死因の約15%を占めます

@現在日本では 人工透析を行っている患者さんは約8万人おられますが
そのうち糖尿病性腎症の患者さんは43.5%で  第1位です

tgs01a

また 新たに人工透析を導入される原因の第1も 糖尿病性腎症です

tgs02

@腎症は 他の合併症のリスクファクターになり

*腎症患者は 心血管疾患の合併率が高く 死亡頻度も高い

*腎機能(GFR)低下とアルブミン尿は
心血管疾患の独立したリスクファクターである

*網膜症 足病変の合併頻度が高い

ことが明らかにされています

@糖尿病性腎症では 腎臓の中心的な働きをする糸球体が障害されます

糸球体は血液をろ過して老廃物を尿に排出する部分ですが

それを栄養する細小血管が 持続した高血糖により障害されて
腎機能障害が生じてきます

tgs03

腎臓の働きが悪くなると

*アンモニアなどの老廃物が溜まる

*水分が溜まり浮腫がおこる

*血液が酸性に傾く

*貧血が起きる

*カルシウム代謝に異常が起こり 骨がもろくなる

*血圧が上昇する

といった不具合が生じます

tgs05

<病期>

病態の進行の程度により 下記の6期に分かれます

tgs06

@腎症前期

*尿中のアルブミン(通常は尿に漏れないタンパク質)は陰性
*腎機能(GFR)は正常 時に高値

@早期腎症

尿中にわずかにアルブミンが漏れ出す微量アルブミン尿を呈する
*GFRは正常 時に高値

@顕性腎症前期

*尿中タンパク質の量が増えて顕性蛋白尿の時期を迎え
通常の検尿で検出できるようになります
*持続性タンパク尿は 1g/日未満
*GFRは ほぼ正常 60ml/分以上

@顕性腎症後期

*尿中に漏れ出す量が多すぎると
ネフローゼ症候群となって体の機能の維持に支障を来す
*放置していると 次第に尿中の蛋白排出が増加し
ついには1日何グラムもの量になります
GFRが低下し始め 60ml/分未満になる
*この時期になると
一般には1~2年くらいのうちに腎機能低下が顕著となり
腎不全となります

@腎不全期

*持続性タンパク尿
*腎機能のマーカーである血中クレアチニンが上昇してくる
*GFRが著明に低下する
*老廃物や不要物を尿中に排泄する働きの障害が現れる
*下肢の浮腫 心不全
尿毒症(腎症で排泄できない毒素が体内に溜まってくる状態)を
起こしてきます

@透析療法期

*人工透析や腎臓移植などの治療を受けるしか手がなくなります

tgs07

このように 腎症の進行にともなって
徐々に尿にタンパク アルブミンが漏れ出してくるようになり
腎機能が低下して 自覚症状が出現してきます 

 

高橋医院