今日は 糖尿病性腎症の 症状と対策について説明します

<症状>

かなり進行した状態になるまで
ほとんど自覚症状がないのが 腎症の特徴です

tgs11

ですから 厄介なのです

病期が進行してくると さまざまな症状が現れてきます

tgs11a

しかし
こうした症状が出てくる前に発見し 治療を開始しなければなりません

そのために 以下のような検査を定期的に行います

<検査>

@尿検査

タンパク尿をチェックしますが
はじめのうちは 出たり出なかったりする場合が多いです

*タンパクが常に出続ける状態になると ある程度 腎症は進行しています

tgs12

@尿中微量アルブミン

*この検査により
従来の試験紙法でタンパク尿陽性となる以前に
異常を検知することが可能になりました

tgs13

*早期診断のマーカーで
透析 腎移植 eGFR半減 顕性腎症への進展リスクです

tgs13a

*糸球体における
基底膜のアルブミン透過性の亢進 尿細管での再吸収の障害
により生じ
血管内皮細胞障害も反映します

*尿中アルブミン・クレアチニン比 30mg/g・Cr以上が陽性
30~299mg/g・Cr範囲が 早期腎症

*この時期に血圧や血糖のコントロールなどを厳重に行えば
腎症の進展が阻止できる可能性が高いことがわかってきたため
この時期で発見することが大変重要と考えられています

tgs06

*採尿条件で変動するので 複数回実施する必要があります

*高血圧 メタボリックシンドロームでも生じます

@eGFR

*腎機能を評価する簡便な方法です

tgs22

*eGFR(mL/min/1.73m2
= 194 x Scr(mg/dL)-1.094 x 年齢-0.287(女性はx 0.739)

という数式で計算され 低い値だと 腎機能の低下を示します

tgs23

<対策>

@まだ腎機能低下がみられない早期から 厳密な血糖コントロールを行えば
腎症の発症・進展が抑えられます

@微量アルブミン尿の時期に発見して
 血糖コントロール 血圧の管理を徹底して 進行を予防するよう努めます

tgs14

@食塩摂取制限

*食塩摂取による血圧への影響=食塩感受性は
正常アルブミン尿期に比し 微量アルブミン尿期以降で亢進しているので
食塩制限は有効です

@高血圧のコントロール

*病期に関わらず 腎症の進展抑制のために重要です

*降圧剤の
アンギオテンシン変換酵素阻害薬 アンギオテンシンⅡ受容体拮抗薬
その降圧作用とは独立して
微量アルブミン尿 タンパク尿を減少させる効果があり
他の降圧剤に比し有意な腎保護効果があり 腎症の進行予防に役立ちます

tgs15

@脂質異常のコントロール

*脂質異常症治療薬の スタチン フィブラート
ともにアルブミン尿抑制効果を示す可能性が指摘されています

*スタチンは eGFR低下の抑制効果も期待されています

<糖尿病性腎臓病 という新しいコンセプト>

@最近 アメリカなどでは

「糖尿病性腎臓病  Daibetic kidny disease : DKD」

という新しい概念が提唱されているので 紹介します

tgs16

@海外では
尿タンパク陰性でも 腎機能低下が進行する糖尿病患者さんが急増していて
そのような患者さんは

*腎機能低下が高度になるまで タンパク尿が出現しない

*タンパク尿が改善しても 腎機能低下が進行する

*腎機能が低下した糖尿病患者さんの66%が 正常アルブミン尿だった

といった特徴を有しています

tgs18

@そうした患者さんが増えてきた要因として

*血糖コントロールの向上 RA系阻害薬の普及などの治療法の進歩

*寿命延長による
腎機能低下への動脈硬化性因子(腎硬化症)の関与の相対的強まり

が推定されていて

従来の糖尿病性腎症を内包する
 より大きな疾患概念としての糖尿病性腎臓病

というコンセプトが提唱され

tgs19

*より早期から タンパク尿とともに
 eGFRによる腎機能のフォローを欠かさないことが 提唱されています

tgs21

経過が長い糖尿病患者さん 特にお年を召した方では

タンパク尿だけを指標にするだけでなく
腎機能(eGFR)も早期からcheckしていく必要があるようです

 

高橋医院