糖尿病の患者さんは 免疫機能が低下しているので
感染症やがんになりやすい傾向があります

<感染症>

@インフルエンザ 肺炎 肺結核など

糖尿病患者さんでは 細菌と戦う白血球の機能が低下していて

特に血糖コントロールが不良の場合は
肺炎などの感染症が重症化し 遷延しやすい傾向があります

dminf01

また 糖尿病患者さんでは 肺炎の患者さんが多く

dminf01a

インフルエンザでの入院が多いことも 報告されています

dminf02

ですから インフルエンザワクチンは 是非 毎年 接種すべきですし
肺炎予防のために 肺炎球菌ワクチンも接種が推奨されています

また 肺結核のリスクも高く
新規の肺結核患者さんの約15%が糖尿病を有していた
HbA1cが高いと 結核発病のリスクが高いことも 報告されています

@糖尿病でしかみられない特殊な感染症

一方 糖尿病でしか見られないような 特殊な感染症もあります

*悪性外耳道炎

*気腫性膀胱炎 気腫性腎盂炎 気腫性胆のう炎

*内臓 軟部組織の膿瘍

*蜂窩織炎 皮下膿瘍

*足の感染症に続発する骨髄炎 壊死性筋膜炎

などです

dminf03

これらの特殊な感染症は 糖尿病がないと発症しないことが多く

逆に糖尿病の患者さんに発症すると
重篤化して 命に関わることもありますから 注意が必要です

こうした感染の場合は
入院して厳密な血糖コントロールを行う必要があります

<がん>

@これまでの国内 海外の多くの研究により

糖尿病患者さんでは
結腸がん 肝臓がん 膵臓がん 乳がん 子宮内膜がん 膀胱がん
などのリスク上昇が報告されています

@日本の大規模な検討では

糖尿病でない方に比べ 糖尿病患者さんでは
男性 女性とも約1.2倍 がんになり易い

dmca02

特に

*結腸がん(1.4倍)
*肝臓がん(1.97倍)
*膵臓がん(1.85倍)

で その傾向が著明でした

dmca01

@では 糖尿病が 本当にがんのリスクファクターか?

それは まだ はっきりとしたことが言えないのが現状です

糖尿病とがんとの間には
慢性炎症などの共通のリスクファクターもありますが

糖尿病の予防が がんの予防にダイレクトにつながるかは 不明な点も多い

dmca03

しかし 上述したようなデータがあることも事実ですから
糖尿病の患者さんは 定期的ながんの検査をすることをお勧めしています

 

 

高橋医院