今日は 糖尿病における 脂質異常症 肥満との関連について説明します

<脂質異常症>

@脂質異常症は 糖尿病の大血管症のリスク要因になります

高LDL-C血症は 冠動脈疾患発症の強いリスク要因で
リスクが22%増加します

低HDL-C血症だと
白人では 心筋梗塞のリスクが19%増加します

日本人では
心筋梗塞は関連しませんが 脳血管疾患のリスクは2倍に増加します

高中性脂肪血症に関しては
冠動脈疾患増加に関連するという研究と しないという研究があります

dmhl01

細小血管症のリスク要因にもなります

高中性脂肪血症だと
腎症進展は2.01倍 網膜症進展は2.3倍に増加し
血圧 糖代謝とは独立した進展リスク要因とされています

低HDL-C血症だと 腎症の進展リスクが増加し

*高HDL-C血症
だと 細小血管症のリスクを低下させ 腎症の進展を低減します

*またTG/HDL-C比が高値だと 全ての細小血管症の進展リスクが高くなります

このように

HDL-C低値は 大血管症 細小血管症 いずれものリスク要因

LDL-C高値は 大血管症のリスク要因

中性脂肪高値は 細小血管症のリスク要因

となります

dmhl02

@薬物治療

高LDL-C血症の治療に用いられる
スタチン系薬は 心血管症の発症を抑制し 生命予後を改善します
心血管症発症率は21%減少 死亡率も9%減少します

高中性脂肪血症の治療に用いられるフィブラート系薬
非致死性心血管症の発症を24%抑制します

治療目標値は

*高LDL-C血症は

糖尿病では 120mg/dL未満

冠動脈疾患の既往がある方
細小血管症合併例 血糖コントロール不良例 喫煙者 メタボの方は
100mg/dL未満にコントロールします

*HDL-Cは40mg/dL以上が目標

*中性脂肪は150mg/dL未満が目標です

dmhl03

@食事療法

多価不飽和脂肪酸 水溶性食物繊維は LDL-Cを低下させるので
摂取が推奨されます

@運動療法

有酸素運動 無酸素運動 いずれも
血圧を下げ LDL-Cを低下させ HDL-Cを上昇させるので 推奨されます

*両者の間で有意差はなく いずれかだけでも有用ですが
組合せて行うとより効果的です

<肥満>

糖尿病と肥満は 切っても切り離せないほどの腐れ縁です

dmob00
dmob01

@肥満をともなう糖尿病では 減量の意義があります

日本人では 軽度の肥満でも糖代謝異常のリスクが高まります

5%の減量で 糖尿病への移行を58%減少できます

8%の減量で HbA1cは7.3%から6.3%に減少できます

dmob02

@薬物療法

*インスリン SU薬は 肥満を助長するリスクがありますから
肥満の糖尿病の方には まずメトホルミンが治療薬として用いられます

メトホルミンは 大血管症の予防にも有効です

GLP-1受容体作動薬は 肥満症治療薬となり得ます

dmob03

また SGLT2阻害薬も 減量効果が期待され

dmob04

いずれも メトホルミンとの併用も有効です

高橋医院