糖尿病の合併症の解説を続けてきました

今日は 合併症ではありませんが
糖尿病の病態進展に深く関与する高血圧との関連について説明します

<糖尿病と高血圧がつるむと>

糖尿病の患者さんには 高血圧が多く 

dmht02

逆もまた真なりで 高血圧の患者さんでは 糖尿病が多い

dmht03

糖尿病と高血圧は つるんで悪さをすることが多いのです

dmht01

@ともに 大血管症のリスク要因になります

*両者が合併すると 発症頻度が増加し 予後が悪化します

dmht05

糖尿病では

*10mmHgの血圧上昇により 大血管症死亡率が18%増え

*10mmHgの低下により
糖尿病関連死が15% 心筋梗塞発生リスクが11%低下します

dmht04

@両者の合併は 細小血管症のリスク要因にもなります

*高血圧により 細小血管症の増悪しますが
特に網膜症の初期の変化に関与していることが重要です

*また 高血圧の是正により 腎症の進展が予防され
降圧剤のアンギオテンシンⅡ受容体拮抗薬
アンギオテンシン変換酵素阻害薬
による治療が有用です

<糖尿病患者さんの高血圧の治療>

@糖尿病そのものが 心血管疾患発症のハイリスクファクターなので
高血圧の より早期からの治療開始 が必要になります

@治療を開始する値は 糖尿病がない場合に比べて厳しく

*診察室で測定する血圧が130/80 mmHg以上で治療開始し
130~139 mmHgでは 生活習慣改善を3ヶ月試みて

*140/90 mmHg以上では 直ちに降圧剤の投与を開始します

*家庭で測定する血圧なら 125/75 mmHg以上で治療を開始します

dmht06

@降圧剤

*第一選択としては
アンギオテンシンⅡ受容体拮抗薬 アンギオテンシン変換酵素阻害薬
が用いられます

こられの薬は 血圧を下げるだけでなく
腎臓などの臓器の保護作用や インスリン抵抗性の改善作用などを
併せ持っているからです

*第二選択として
カルシウム拮抗薬 または 少量利尿薬の併用 が用いられます

蛋白尿減少には利尿薬
eGFR保持にはカルシウム拮抗薬

の併用が有効とされています

*上記の2種類の併用でうまくいかない場合は 3種類を併用します

こうした治療により
血圧を130/80 mmHg未満に維持することを目標にします

糖尿病患者さんは 心血管疾患を発症しないように
より厳しい血圧管理が求められるわけです

 

高橋医院