これまで 糖尿病の細小血管の障害による合併症である
糖尿病性神経障害 網膜症 腎症
について解説してきましたが

今日は 比較的太い血管が障害される 糖尿病性大血管障害について説明します

dmdks01

<糖尿病性大血管障害とは?>

糖尿病では 比較的大きな動脈も糖尿病によって障害をうけることが多く

この大血管障害は
糖尿病に共存する事が多い脂質血異常症などの影響が
比較的大きいとされています

dmdsk02

つまり 糖尿病以外でも見られる動脈硬化と同類と考えて差し支えありません

dmdsk03

@大血管障害は 他の合併症のリスクファクターになります

細小血管症と大血管症は 互いのリスクファクターになります
また 血管性認知症の強いリスクとなり得ることが報告されています

dmdsk04

@種類

*心臓に血液を送る血管が障害をうけると 狭心症心筋梗塞が起こり

*脳への血管が障害を受けると 脳血管障害が起こり

*下肢動脈が障害を受けると 閉塞性動脈硬化症が起こります

dmdsk05

@リスクファクター

*高血圧 脂質異常症 肥満 加齢 喫煙 ストレス 冠動脈疾患の家族歴
などが大血管障害のリスクファクターで
糖尿病のリスクファクターとほぼ同じです

*上述したように
網膜症 腎症などの細小血管症は 心血管疾患リスクを上昇させます

@細小血管障害より 早期から出現する

神経症や腎症などが
糖尿病を発症してからある程度の年月を経て発症するのに対して
大血管障害は 糖尿病の早期から発症するのが特徴です

dmdsk02a

<狭心症 心筋梗塞>

@糖尿病に合併する狭心症 心筋梗塞には 下記のような特徴があります

*神経障害で解説したように 糖尿病では知覚鈍麻があることが多く
労作時の狭心痛(胸の痛み)が現れにくいので
早期発見が遅れがちになります

dmdsk06

*病気の原因となる 心臓を栄養する冠動脈の動脈硬化の範囲が広い

*生命予後や治療成績が悪い

ですから 糖尿病患者さんは 定期的な心電図検査を行うことが必要です

<脳血管障害>

@糖尿病に合併する脳血管障害には 下記のような特徴があります

*高血圧と糖尿病の相乗効果でリスクが上昇する

*細い血管の小梗塞が多発するので
半身麻痺などの典型的な症状が出にくい

*そのため 無症状で CT検査で初めて診断される例もあります

<対策>

@生活習慣の改善 肥満の是正が有効で
 それによりリスクファクターが減少します

@糖尿病対策

*持続する高血糖が 大血管症の発症リスクと密接に関係するので
早期からの血糖コントロールが有効です

dmdsk07

*HbA1cの1%の低下で リスクが14%減少します

*低血糖の頻度 血糖変動幅の減少が 大血管の合併を抑制するので
メトホルミン DPP4阻害薬 SGLT2阻害薬などの
低血糖リスクが低く 血糖変動幅を小さくする薬剤の使用が効果的です

一方 高齢者や血管合併症進行例での厳密な血圧・血糖コントロールは
逆に心血管イベントを起こしやすくなる との報告もあるので注意が必要です

@高血圧対策 

厳格な降圧療法が有効です

*10mmHgの血圧低下で
総死亡率が13% 心血管イベント発生リスクが11% 脳卒中発生リスクが27%
それぞれ減少します

dmdsk08

@脂質異常症の対策

*脂質コントロールも有効です

*高LDL-C血症治療薬のスタチン製剤によるLDL-C 37mg/dLの低下で
総死亡率が9% 心血管イベント発生リスクが22%
脳卒中発生リスクが21%
それぞれ減少します

*高中性脂肪血症治療薬のフィブラート製剤では 有意差は認められません

*高中性脂肪血症治療薬のEPA
スタチン製剤の冠動脈イベント発症抑制効果を増強します

dmdks09

このように 糖尿病性大血管障害を合併した患者さんでは
充分な血糖 血圧 脂質異常症のコントロールが求められますが
そこが上手くいけば 発症進展は抑制されます

 

高橋医院