肥満や糖尿病の患者さんから
よく聞かれることは

「肥満を治す飲み薬はありませんか?」

ということです

こちらとしても 
減量の大変さはよくわかっているので

「はい 良い薬がありますよ!」

と答えてあげたいのですが
 
なかなかそんなにうまい話はない
のが現状です


それでも
肥満を改善する薬剤の研究開発は行われています


<薬物療法の適応者>

薬物療法の適応となる患者さんは

*食事・運動・行動療法を3~6か月行っても
 体重減少が見られない

*肥満による健康障害を有する

方です



<薬物の種類>

@中枢性食欲抑制薬

現在 使用されている主な薬は
脳内の食欲に関わる部位に働きかけて
食欲を抑制しようとする薬です

*脳内アミン作動薬

*セロトニン受容体アゴニスト 
 ロルカセリン

*カンナビノイド阻害薬

*神経ペプチド作用修飾薬

といった
脳内の神経伝達物質に働きかける薬が
試みられています


マジンドール (商品名:サノレックス)

日本でも保険適応されているのが 
マジンドールという薬です

この薬は
神経末端のモノアミン再吸収抑制作用により
摂食中枢の抑制 満腹中枢の刺激を行い
食欲を抑制する働きを有しています



マンジトールを服用した患者さんの
30~50%で食欲が抑制できたと
報告されています



しかし 
BMI>35の
高度肥満の患者さんだけが治療対象で
最長3か月までしか投与できません

したがって適応は限られていて
長期の効果を得るのは
なかなか難しいのが現状です

また その減量効果は3%程度なので
肥満症の薬としては効果がないと
行政は認識しているようです

しかし何度も述べてきたように
3%の体重減少により
肥満にともなう血液データの異常は改善できます

そうした新たな認識のもと
マンジトールがより使いやすくなることを
期待したいものです


一方 日本では未だ保険適応されていませんが
外国では
下記の薬剤が肥満治療薬として使用されています

@吸収阻害薬

脂質の消化吸収を行う
リパーゼという酵素の働きを阻害する薬で
脂質吸収を抑制することで
体重を減少させます

*セチリスタット

*オルリスタット

といった薬が 実際に用いられています




@代謝促進薬

体内でのエネルギー消費を高めて 
脂肪の減少を図る薬です


@糖尿病薬

糖尿病治療に用いられる薬剤の中には
減量効果を期待できるものが
何種類かあります

*メトホルミン

中枢性の摂食抑制
腸管からの糖吸収抑制効果により
体重減少効果が期待できます

実際に
肥満の糖尿病患者さんにメトホルミンを投与すると
体重が減少することが度々観察されます

*GLP-1受容体作動薬  リラグルチド

何度か紹介した 
新たな糖尿病治療薬のGLP-1受容体作動薬ですが

その中枢性食欲抑制
胃排出時間の遅延作用により
体重減少効果が期待できます


アメリカでは 
糖尿病治療に用いられるより高用量の3mgで
肥満治療効果があると報告され
実際に肥満治療薬として用いられています

GLP-1受容体作動薬の注射薬を使用している
糖尿病患者さんは
食欲が減って体重が減少したと
言われる方が少なくないので
今後の展開に期待したいと思います

SGLT2阻害薬

尿細管での糖の再吸収を抑制する
新たな糖尿病治療薬ですが

脂肪肝にも有効

高血圧 中性脂肪 高尿酸血症も改善

心庇護効果により心血管イベントを抑制する

などの糖尿病抑制以外の作用が認められ
減量効果が見られることも少なくありません




但し 糖尿病がない肥満だけの人には
減量効果が弱いと報告されています


*胆汁酸吸着レジン 陰イオン交換樹脂 
 コレスチミド

腸管内で胆汁酸を吸着し糞便中に排出させ
胆汁酸の腸肝循環量を減らして
血中コレステロールを低下させる薬ですが

体重減少 ウエスト長減少 糖代謝改善 
がみられ

胆汁酸組成変化による
代謝促進 GLP-1増加 腸内環境の変化などにより
そうした効果が得られると推測されています

脂質異常症をともなう肥満の患者さんに
良い適応となる可能性があります


@漢方薬

何種類かの漢方薬は
減量効果があると報告されています

*防風通聖散

褐色脂肪細胞の熱産生 
白色脂肪細胞の脂質分解 
が促進され

そうした現象により 減量が期待されています

*抑肝散

不安感 イライラ感を抑えて 
食欲を抑制するとされ
ストレス食いなどに効果的ではないかと
期待されています


このように 
現状ではすぐに効果が期待できる抗肥満薬は
特に中枢性食欲抑制薬では少ないのですが

糖尿病治療薬などに
期待できる薬剤がありますので
今後の展開に期待したいものです

高橋医院