減量で意外に重要なのが 行動療法です

行動療法

聞き慣れないと思いますが

どうして太ってしまったのか 
その原因を自分で探し出して

そうならないように
生活習慣を改善していく

そして 減量の効果を
目に見える形で評価していく

といった作業のことです

<肥満者の食行動>

@食行動の異常

*間食 ストレス誘発性食行動

*過食 夜間大食

*偏食 早食い 朝食の欠食

といった食行動の異常をともなうことが多いです


@自らの食行動に関する認識のずれ

*本人は 
 少し食べ過ぎた とか 
 ときどき間食する と認識していても

 それが 
 少し や ときどき ではないことが多く
 その認識が大切です

*そうした事実を
 患者さん本人に自覚してもらうとともに

 肥満発症の要因 治療阻害因子などの問題点を
 自ら抽出し自覚してもらうことが大切です


<食行動質問票>

自らの食行動に関する
生活習慣の問題点を把握するために行う
一種のアンケート質問です

肥満の原因となる下記の食行動に
ご自身はあてはまるか?
質問に答えて 
あてはまる場合は それをご自身で認識され
改善していくことが大切です

読み手の皆さんも
是非やってみてください



@体質 体重に関する認識

*太るのは甘いものが好きだからだと思う

*食べてすぐ横になるのが太る原因だと思う

*風邪をひいてもよく食べる

*水を飲んでも太る体質だ

*太るのは運動不足のせいだと思う

*人より太りやすい体質だと思う

*それほど食べていないのに痩せない


@食動機:食べ過ぎてしまう理由

*料理が余るともったいないので食べてしまう

*食後でも 好きなものは別腹で食べられる

*夕食の品数が少ないと不満

*他人が食べていると つられて食べてしまう

*外食 出前では 多目に注文してしまう

*食料品を買うときは
 大目に買わないと気がすまない

*果物や菓子が目の前にあると 
 つい手が出てしまう

*料理を作るときは
 多目に作らないと気がすまない

*スーパーなどで美味しそうなものがあると 
 予定外でも買ってしまう

*食後でも すぐに次の食事のことが気になる

*付き合いで食べることが多い


@ついつい食べてしまう理由

*冷蔵庫に食べ物が少ないと落ち着かない

*イライラしたり 心配事があると 
 つい食べてしまう

*身の回りに いつも食物を置いている

*何もしていないと ついものを食べてしまう


@空腹 満腹感

*空腹になるとイライラする

*お腹いっぱい食べないと
 満腹感が得られない

*たくさん食べたあとに後悔する

*空腹を感じると眠れない

*空腹 満腹感を自覚できない

*食事の前にお腹が空いていないことが多い


@食べ方

*早食い

*人から よく食べるね と指摘される

*よく噛まない

*口いっぱいに詰め込むように食べる

*食事のときは 食べ物をよく噛まず 
 次から次に口に入れてしまう


@食事する場所 食事の内容

*コンビニをよく利用する

*外食 出前が多い

*ファーストフードが多い

*スナック菓子をよく食べる

*濃い味付けが好み

*麺類が好き

*和食より洋食が多い

*菓子パンをよく食べる

*脂っこいものが好き

*甘いものが好き

*肉食が多い

*ビールをよく飲む


@食生活の規則性

*夜食が多い

*宴会 飲み会が多い

*朝が弱い夜型人間

*連休 盆 正月休み で いつも太る

*間食が多い

*食事の時間が不規則

*夕食がいちばん豪華で量も多い

*夕食をとる時間が遅い

*ゆっくり食事を摂る時間がない

*朝食を食べない


<30回 咀嚼する>

食物を口に入れてから飲み込むまでに 
30回咀嚼することが大切です

*早食いの是正になる

*満腹感が得られるので 食事量が減少する

*内臓脂肪の分解が期待できる

*ゆっくり食べる人の方がメタボの割合が少ない

といった効果が得られます




<体重測定を励行する>

@減量を始めたら
 定期的に体重を測定することが大切です

*自身による体重の記録により
 治療に対する自覚ができ
 向きあいたくない自分に取り組めます

*体重減少 検査データの改善が
 減量を続けていくモチベーションになります

家族や知人からの減量に対する褒め言葉も
減量を続けていくモチベーションになりますから
周囲の方の協力も重要です



@減量効果の長期維持のためには
 自己体重測定の習慣化が重要です

*毎日 起床直後の体重測定を行い
 手帳などに記録する

*前日との比較を行い
 なぜ増減したか吟味する

といったことを 励行してください



@グラフ化体重日記

体重測定の理想的方法とされています

*起床時 朝食後 夕食後 就寝前の体重を計る

*ベースとなるのは起床時の体重で
 日中は増え 夜間は減るリズムがあります

*1日に数回の体重測定により
 上記の体重変化のリズム異常を認識でき
 生活パターンの異常点を見出すことが出来ます

この励行はなかなか困難かと思いますが
やる気のある方は 
是非 トライしてみてください

高橋医院