禁煙によって起こってくる問題もあります

<食欲が増え 体重が増える>

いちばんの問題で 特に糖尿病や生活習慣病がある方には厄介です

約8割に見られ 平均2Kgは増えるとされていますが
もっと増えてしまう方は少なくありません

ヘビースモーカーだった方は より増加しやすいと言われています

tke23

実際に 体重増加が禁煙導入の妨げとなること 再喫煙の原因になることは
よくみられることで

特に女性では 以前に禁煙しようとして体重が増加した人は
体重コントロールのため喫煙を再開してしまう傾向があります

しかし
禁煙2年目以降にさらに増加する傾向はなく
血糖値や中性脂肪の悪化も一時的というデータが報告されています

また 禁煙によって体重が増加する場合でも
内臓脂肪の沈着は少ないとされています

tke21

禁煙後に太る原因として

*離脱症状の一症状としての食欲増加
*味覚の改善による食事量の増加
*禁煙に伴う口寂しさに対しての代償的な食物摂取量や食事回数の増加
*胃粘膜微小循環系血行障害の改善
*安静時エネルギー代謝率 安静時ならびに運動時エネルギー消費量を
増加させていたタバコ煙中のニコチンの消失

などが考えられています

太った方には 以下のように説明して 理解 納得してもらうようにします

*禁煙後の体重増加は一般的なもので 自己制御の結果である

*禁煙して食べ物がおいしい 食欲が進むことは
悪いことではなく良いことである

*“喫煙により無理に体重減少していた状態”から
本来の自分の体重に戻ることである

との認識を促し 肯定的にとらえるようにする

*禁煙による体重の増加は
喫煙によるリスクよりはるかに小さいことを強調する

そして

禁煙を続けられる自信がでてきたら
食事と運動で徐々に体重を減らすようにします

tke22

まだ禁煙が不安定な時期に 無理に食事制限をすると
タバコを吸いたくなってしまうことがあるので 要注意です

<睡眠障害>

禁煙にともなって出現する睡眠障害には

*覚醒作用のあるニコチンの減少 消失に伴う昼間の覚醒状態の低下

*ニコチンパッチの24時間使用による夜間の睡眠障害

の2 つが考えられます

tke24

前者は ニコチン代替療法によって改善でき
後者は ニコチンパッチの夜間使用中止によって改善できます

<陰性な気分またはうつ状態>

多くは ニコチン離脱症状に伴う一時的なものです

tke25a

うつ症状が出現する場合は
十分な量のニコチン代替療法を十分な期間にわたって使用することにより
症状を軽減することができます

tke25

<強い禁断症状の持続>

喫煙意欲や禁断症状が持続する場合は
薬物療法(ニコチン代替療法)の導入について検討します

tke26

 

 

高橋医院