ニコチン依存のある人は
禁煙すると 吸いたい 集中できない イライラする 怒りっぽくなる など
さまざまな離脱症状が現れますが

禁煙補助薬を使うことにより これらの不快な症状を和らげることができます

<禁煙の薬物療法>

禁煙を開始するときに
ニコチン代替療法薬は世界的に広く利用されていますが

日本でも
ニコチンガムが1996年から ニコチンパッチが1999年から使用が認可され
いずれも禁煙治療を上手く進めることに貢献しています

また ニコチンを含まない経口薬(ニコチン受容体部分作動薬 バレニクリン)
有効性が示されています

tke50
tke51a

アメリカでは1991年のニコチンパッチ市販化にともない
禁煙補助にニコチン代替療法薬を利用することが 急激に普及しました

ニコチン製剤には
ニコチンそのものが含まれており
皮膚や口腔粘膜の接触面から ニコチンが徐々に体内に吸収されて
禁煙に際して起こる離脱症状を軽減し 治療を補助します

tke50a

タバコには 数百種類の有害物質が含まれていますが
ニコチン代替療法薬には ニコチン以外の成分は含まれておらず
吸収されるニコチンの量も
喫煙者が喫煙によって吸収するニコチンより少量なので 安全に使用できます

tke52

ニコチンガムの方が簡単に使用できますが

ニコチンガムの使用で禁煙に成功しない場合に
ニコチンパッチに切り替えて成功する可能性があり
また その逆の場合もあり得ます

tke51a

一方 喫煙とニコチン代替療法薬の併用は

一時的に喫煙本数を減少させるものの
ニコチンの過剰摂取につながることがあり危険なうえ
喫煙でニコチンが効率よく吸収されるために
ニコチン代替療法薬の効果が減弱するので
結果として上手くいきません

ですから
ニコチン代替療法薬の使用中に生じてくる喫煙要求には
あとで解説する行動療法で対処します

なお ニコチン代替療法薬は 妊娠中の使用は認められていません

また 心筋梗塞や脳梗塞などの
ニコチンでリスクが増大する疾患に罹患した直後は
使用に注意が必要です

<保険診療による禁煙治療>

このような禁煙の薬物治療の進歩にともない
日本では2006年から「喫煙は病気 喫煙者は患者」という考えのもと

tke54a

保険適応による禁煙治療が開始されました

これは 禁煙治療における エポックメイキングな出来事とされています

tke55

禁煙治療には 上手で示されたような

*比較的楽にやめられる

*より確実にやめられる

*保険診療なので あまりお金をかけずにやめられる

といったメリットがあります

保険医療で認められる禁煙治療の対象となる患者さんは

*ニコチン依存症に関するスクリーニングテスト(TDS)で
 ニコチン依存症と診断された方

*1日の喫煙本数×喫煙年数(ブリンクマン指数)が200以上の方

*直ちに禁煙することを希望され
 「禁煙治療のための標準手順書」に則った禁煙治療プログラムについて
 説明を受け 文書により同意している方

になります

tke61

禁煙治療プログラムの内容は 12週間にわたり

*初診
*2週間後
*4週間後
*8週間後
*12週間後

の 合計5回の 面談および薬物治療を行います

tke60

最近は
企業の医務室などで積極的に禁煙治療が行われており
通常の医療機関でも 禁煙治療を行っているところがあります

 

高橋医院