司会者が変わった らららクラシック

武満徹さんの ノヴェンバー・ステップス を紹介していました

rrk11

武満徹さん

現代日本を代表する作曲家として有名ですが
不勉強な書き手は あまり聴いたことがありません

番組では まず
武満さんの音楽史上における位置づけを こう解説します

rrk12

モーツアルトは 美しくて楽しい 音楽のジャンルを打ち立てた

ベートーベンは 哀しくて怖い 音楽のジャンルを打ち立てた

ドビッシーは 幻想的で神秘的な 音楽のジャンルを打ち立てた

そして 武満さんは
環境 ノイズ 雑音を 音楽として聴かせるジャンルを打ち立てた

なるほどですが
武満さんの音楽を 環境音楽としてとらえる認識はなかったなあ、、

ちなみに 環境音楽と言うと
書き手は学生時代に好んで聴くことが多かった
ブライアン・イーノを思いだします

rrk13

あ すみません 脱線しました(苦笑)

さて ノヴェンバー・ステップス

1967年に 今は亡きバーンスタイン率いるNYフィルの125周年記念公演で
若き日の小澤征爾さんの指揮のもとで初披露され

世界に武満徹の名前を知らしめた名曲とされています

尺八と 琵琶と オーケストラの競演

初めて見聞きする世界に バーンスタインは
なんて生命力のある音楽なんだ! と感動したそうです

rrk14

ここで再び 西洋音楽と日本の音楽の違いについて 解説が入ります

西洋音楽は
音の積み重ねによりメロデイが表現されるもので
ひとつひとつの音 そのものが 世界を表すことはない

一方 日本の音楽 たとえば 尺八や琵琶の演奏では
ひとつの音に意図的に強弱をつけて それだけで世界観を表す

しかしこれは 西洋人には 雑音やノイズに聴こえてしまう

青島さんという面白い解説者さんは
この彼我の違いを アルファベットと漢字の違いになぞらえます

西洋では アルファベットの文字を重ねて 意味のある言葉を作るが
日本では 漢字ひとつひとつが 既に意味を有している

西洋と音楽の音に関する感覚の差異は この違いと同じですよ

なるほど~ わかりやすい解説ですね!

で 小澤さんから NYで日本の音楽を披露してくれと頼まれた武満さんは

rrk15

こんなに根本的な差異がある西洋音楽と日本音楽を
どのようにして融合させたらいいのかと 悩み尽されます

当時 武満さんは
それまで日本でもいちども一緒に演奏されたことがなかった琵琶と尺八を
初めて競演させて 喝采を浴びていましたが

rrk16

今度は その尺八 琵琶と フルオーケストラを
どうやって競演させればいいのか?

次回に続きます

 

高橋医院