琵琶と尺八とオーケストラの競演

大きな課題に取り組む武満さんは 長野の山中に籠り 悩み続けます

rrk21

そして 山中を散策していたとき

風の音や鳥の音が調和して聞こえる のどかな自然のなかで
公共放送のスピーカーから
チャイコフスキーの白鳥の湖が田んぼに響くのを聞き

はっと閃かれます

オーケストラが奏でる音を バックに流れる環境の音のように扱い
琵琶や尺八と協奏させればいいのでは?

そうしたアイデアのもとに生まれたのが ノヴェンバー・ステップスです

この曲を通じて 日本の文化を世界に示したい

そう意気込んで NYフィルの本拠地に現れた
武満さん 琵琶の鶴田錦史さん 尺八の横山勝也さん

rrk22

和服姿で舞台に昇り挨拶する鶴田さん 横山さんの姿に
楽団員の一部からは笑いが漏れたそうですが

指揮台から小澤さんが即座に投げかけた厳しい視線を受け
沈黙が流れたそうです

その小澤さんは
NYフィルで 武満さんのこの曲が演奏された意義を こう語ります

rrk23

日本の楽器 音楽には
西洋音楽に屈しない 
西洋とは異なる音楽の世界があることを
西洋社会に知らしめた

なるほど 先駆者たちは そこまでの意気込みを持っておられたのですね

rrk24

格好良いけれど それにしても 小澤さん 若い!(笑)

さて ノヴェンバー・ステップスを聴いてみると

琵琶 尺八とオーケストラの協奏曲 ということでしたが

この楽譜にも示されているように
実際は 両者が重なるところは あまりないのですよね

rrk25

少なくとも 融合感はない

オケが通常の西洋音楽を演奏するときとは異なり
微妙に そして緻密に 音を濁らせて
風のうねりのような雰囲気の音を作り出して

そこに琵琶と尺八が入っていくと
オケの音は背景音のように広がっていく

互いに譲らず しかし 互いを損なわず

小澤さんは 尺八と琵琶の喧嘩を オケが包み込むような
といった表現をされていました

まあ しかし 初めてこの曲を聴いたNYの人たちは
さぞかしビックリされたことでしょう

日本人の書き手が聴いても ちょっとびっくりでしたから(笑)

正直言って 書き手は この曲を聴いて
面白いとは思いましたが
それほどスゴイと感動するまでの気持ちは持てなかったのですが

オケのなかで ハープの存在が気になりました

rrk26

その音色や響きが
琵琶・尺八の世界とオーケストラの世界を
うまく繫げているような気がします

武満さんの世界は
なんとなく難解な哲学的雰囲気が漂っていそうですが
一度 彼が書かれたものを読んでみようかなと思いました

 

高橋医院